「平等な競争環境の中で、大学入試に挑まれるべき」 悠仁さまが東大進学なら“特別扱い”の批判が巻き起こる理由


 これまで悠仁さまのご進学先として複数の大学名が取り沙汰されてきた。その筆頭が東京大学で、悠仁さまが通われている筑波大学附属高校からも多数の合格者が出ており、都内で農学部をもつ数少ない国公立大だ。他にも筑波大学や東京農業大学など自然科学系に強い学部を擁する大学が、有力候補だと報じられてきた。

 それらの根拠となったのが、昨年11月に悠仁さまが宮内庁職員および国立科学博物館の研究主幹・清(きよし)拓哉氏との共同執筆の形で発表された「トンボ論文」である。

 さる皇室ジャーナリストが言う。

「赤坂御用地に生息するトンボの生態をまとめた論文で、同博物館の紀要に掲載されて専門家たちからも高い評価を受けましたが、これが世間からあらぬ批判を招いてもいるのです」

 一つは研究の主題が「赤坂御用地」という一般人が容易には立ち入れない場所を対象にしていること。もう一つが、国内でトンボ研究の第一人者とされる国立科学博物館の清氏など、一流の専門家と論文を書かれたことだ。

 この二つをもって、論文は「皇室特権」を利用した産物で、推薦入試を見越した“実績作り”ではという疑念を、世間に抱かれてしまっているのだ。

「先ごろSNS上では、東大に問い質したという人物が現れて、“東大の推薦入試では、受験生が提出する論文は共同執筆の形でもよいとの回答を得た”と投稿。これが事実なら“金持ちの子弟が高名な専門家を雇い共著論文を執筆してもらえば合格できてしまう”などと指摘し、物議を醸しています」(同)

批判が巻き起こる可能性も

 たしかに東大では、8年前から高校の課外活動などで優れた実績を残した学生を総合的に評価する推薦入試を始めた。悠仁さまが論文を成果として提出されることも可能だ。しかし、一般の高校生が学者と共同で執筆する機会などほとんどないだろうから、“特別扱い”との批判が巻き起こっても不思議ではない。

 もっとも東大の推薦入試では、「共通テスト」で8割以上の点数を取らないと合格できない。これは一般入試で合格する実力に匹敵するため、論文だけで即入学できるほど甘くはないが、不信感を招くのは事実だろう。

 象徴天皇制に詳しい名古屋大学大学院准教授の河西秀哉氏はこうも言う。

「仮に悠仁さまが東大に進学されたとなれば、代わりに別の受験生が落ちることになります。国民統合の象徴である天皇になられるお方が、誰かを蹴落としたとの印象を持たれるのはよくありません。もちろん他の大学についてもいえることですが、東大は最難関で学歴社会の象徴ですよね。ならば、これまでも皇族を受け入れた経験がある学習院大の方が、あつれきはほとんどないと思います」

 悠仁さまのご進学先について賛否両論が巻き起こる背景には、そもそも秋篠宮家が「学習院」以外の選択肢を望んできた経緯がある。

 戦前から皇室の藩屏(はんぺい)として創設された伝統を誇るだけに、上皇さまをはじめ今上陛下、秋篠宮さまご自身でさえ、初等科から大学まで一貫して「学習院」で学ばれてきた。

 ところが、秋篠宮家はといえば、長女の小室眞子さん(32)と佳子さまは、幼稚園から高校までは学習院に通われたものの、お二人とも最終的には国際基督教大学(ICU)を卒業。佳子さまは、学習院大を中退し、再入学されているのだ。

「週刊新潮」2024年6月20日号

この評論家たちはこの長男が将来の天皇になると主張していますが、まず実現しないと思います。
憲法にあるように「国民の総意」が得られるとは到底思えないからです。
この長男は、幼稚園、高校と全て進学直前に出来た推薦制度を利用して進学してきました。
国公立大学の推薦制度が出来たのもつい数年前です。
この制度を利用して東大は論外ですが国立大学に進学したら、一度も受験せずに国立大卒になります。
そんな子供が日本中に何人いるでしょうか?
今この瞬間にも、必死に受験に向けて努力している学生がいます。
その人たちの頑張りを脇目に特権を行使して進学するのであれば、現代社会にそんな特権階級は必要ありません。
そもそも皇族用の学習院があるのだから、そちらを利用すれば誰も批判しません。
もし東大に進学したら、それが皇室制度廃止の始まりになると思います。

学習院は元々明治以来皇室の教育機関の役割も担っていたから、学習院に入学するのには何の抵抗もないだろう。トンボの研究がしたいなら、学習院が理学部を創設すればいい。一般国民の子弟がしのぎを削って入学を目痣す大学に特権を笠にほぼ無試験で入ろうものなら、反発・反感を買うのが当然だ。特に目覚ましい業績を上げた高校生は優先で入学できるのは結構なことだが、普通、そういう高校生たちの業績はその人自身のオリジナリティの塊であり、専門家は断片的な助言をする程度。内容はほぼ自身で作成したものだ。高名な専門家が手取り足取り指導、挙句の果てに論文の大部分も代筆してもらったようなものは業績ではない。

悠仁君が望み、学力に見合うのなら、東大でもどこでも一般と同じように受験して行ってもよいと思います。
ただ、天皇家に求められるのは学力の高い学校に行くことではなく、日本の歴史や状況をよくしること、国民に対して情をもつこと、国内外に恥じることのない上品なふるまいを身に着けること、ではないでしょうか?
眞子さんのように、公より私を何よりも重視するような皇族ならいらない。
悠仁君の進学はこれからの秋篠宮家、ひいては天皇制の行く末を見極めるターニングポイントになるかもしれません。

一般人には職業選択の自由がある。公平な競争の下に入学、就職試験を行ない希望職業に就く。天皇候補の方には職業選択の自由はないため希望職業に就けない。天皇候補の方が職業を自由選択されるのであれば一般人と同じ試験を受ける必要がある。就職試験で一般人と競合することがないのであれば、天皇候補の方は特別枠でご自分の希望する学校に入ればよい。学力に合った学校および日本の伝統を尊重する学校へ入学されるのが好ましい。

38 COMMENTS

匿名

3時のおやつはトンボの佃煮なンだわ。
父ちゃんは朝からカピバラの干し肉をさかなに飲んだくれているンだわ。

50
返信する
匿名

もう、悠仁の東大裏口入学はやらせておけばいい、、

不正論文の摘発阻止のため介入、そして悠仁は盗作だけでなく、最難関の東大に不正入学で再び世界に名を馳せる!
 又、日本という国も恥さらしをする、、
という結果となるのでないか?

55
返信する
耳の穴に 異物が見えますが…

今日のサムネの写真の悠仁君の耳、拡大して 見てください。
エトセトラジャパンで指摘のあった「内蔵型補聴器(マイクロ通信システム)」が、見えています。耳の穴に詰め込んだ茶色いシリコン??

小型レシーバーで、指示を出し、それによって悠仁君が動く…と言われています。

中学生の初め頃までは、耳たぶに肌色のテープを貼っていて、目立っていました。

小学生の頃は、平和公園で平和の鐘を目指して突進して 鐘突きをしたり、回転ドアをグルグル回ったりしていましたが、今は「指令」に慣れて走り回るのはなくなったのでしょうね。

39
1
返信する
匿名

人工内耳だから、外部通信可能というか、その場に磁場を作り出し、脳内のコイルに音声信号を伝達することで、別室からの音声を飛ばすこともできる仕掛けです。
ただ同じ部屋に、悠仁と同じ人工内耳の人がいると、同時にその音声が聞こえてしまうので、紀子が影から囁いているのがバレますね。

サムネイル写真でわかることは、悠仁が明らかにカツラを被っていることです。微妙に髪の毛の色のちがうズラを被っていて、しかもちゃんと自分の毛と混ぜていないので、まるでツートンカラーになってみえますね。キノコ型のお菓子の上にさらに色違いのチョコレートをその傘の頂部にだけ、ベットリ垂らしたような状態です。

19
返信する
匿名

充分、特別扱いをこれまでされてきたでしょう。
それが当たり前だと思っているから
逆に何がダメなのかもわからない。
お茶の水の時の不思議な制度もボッタマが入ったら終わり。
だから、東大の推薦もボッタマが入ったら終わりでしょう。
全て先に制度を作っておいておかしいと言われないため。

もう驚きもしませんが受験生が可哀想。
東大目指して一生懸命勉強してきたのに
推薦状も貰えないかもだしボッタマのせいで一枠減るわけですよね。
去年には東大農学部を下見?してたわけで
私達が油断してるすきにみたいな。

無理に入っても勉強についていけるとも思えない。
それでも特権や寄付(という名の袖の下?)で卒業までゲットするのでしょう。
両親が両親ですから。

66
返信する
明日、両陛下が訪英なのに

今日の「ブルーサファイア」『不可解な事件』
6/21-6:12『国会議事堂付近でひき逃げして横転か…男(55)を逮捕 60代男性が死亡』
┅この車は直前に死亡ひき逃げ事故を起こし、逃走している最中だったとみられています。
警視庁によると、濃畑容疑者が乗っていたのは、財務省が管理する公用車です。
濃畑容疑者 「ダメだよ、この国!」 と叫んでいました。
横断歩道を渡っていた団体職員・大野泰弘さん(67)は病院に搬送されましたが、その後、死亡が確認されました。┅

亡くなった方はなんと、学習院の父母会長との事です。

轢逃げ犯が 轢逃げして逃走して、次の被害者が学習院の父母会長で、亡くなっています。

秋篠家が裏で逆恨みして、「思い通りに動かないと こうなるのよ‼️」と、警告のためにやった❓️

普通、もう少し 詳しく報道があるはずです。赤坂地区で 財務省の車で、死者が出てるのに❗️

74
返信する
匿名

容疑者は普段、外注で運転してる人でしたね。
その人がこんな運転します?
事故に見せかけてもしかしてと思ってしまいます。
それに事故なら殺人で起訴されるのとは違い刑はまだ軽くすむ?
怖いです。((((;゜Д゜))))

58
返信する
匿名

うーん、これはタダの交通事故なんかじゃないですね

事故に見せかけひき殺せとの対象選択を間違ってしまい失敗、慌ててターゲットを探し直し、追加でやった?とか、テレビドラマならそんな背景さえも感じてしまうような状況です

学長から論文不正行為を理由に断りが入った東大だけでなく、他大学からもすべて痴漢をするような生徒ではお断りしますとなったズルヒト
その学習院緊急避難受け入れ要求とも関係しているのではないでしょうか?

でもここまで立て続けだと誰も事故とは信じなくなり、交通事故に偽装された殺人事件だと思ってしまいますよ
死刑も十分視野に入ってくるような事件になりそう

23
返信する
ある日 突然 天才になる不思議❓️

2013.05.30 16:00 『悠仁さま 始めての徒競走は最下位も落ち込むことなく声援送る』(YahooNews)

┅オープニング種目は、悠仁さまたち1年生の50メートル徒競走。各組2人ずつが出場して、1レース計6人で競う。
「2組目に登場された悠仁さまは、一生懸命走られたのですが、残念ながら、結果は最下位でした。
しかし、走り終わった後も落ち込んだり、くさることなく、あとから走るお友達に大きな声援を送られていました」(別のお茶の水関係者)┅

小2では綱引き、小4では、玉入れ、小6では「大玉送り」
幼稚園の競争遊戯みたいな種目を、国立大学附属小学校でするんですよね、悠仁君がいるから❗️

ずっと 罰則付き報道規制を掛けて、幼稚園から特別制度を作っての無試験入学。深海魚でも、親の物見遊山に付いて行って「上から目線のお手振り」

で、大人顔負けの論文を発表して、何故か「専門家との共著」でも、東大推薦の条件として認める❓️??

そんなズル人造人間を、国民は「天皇」どころか「皇族」としても 認めません❗️

71
1
返信する
匿名

どうしても、天皇にふさわしい資質がわからないらしい。黙って勉強して東大に入れば過去から遡っていちばん立派な天皇?違うって。ここでベクトルが違っているから、何をどうしようと墓穴を掘るばかり。端から見て、秋家は、ちっとも皇族に見えない。急に頭角を現した成り上がりの社長一族にしか見えない。えげつない事ばかりして。

53
返信する
匿名

2024.6.21 菊丿紋ニュースに有った投稿
   ↓
>「静岡市駿河区馬淵三丁目にあった母の実家杉本邸のことで、公表写真を見てもすぐにわかりますが、あまりにもみすぼらしいので婚約発表直前に自衛隊が国費で外観だけを見違えるようにリフォームしてくれたことで有名になりました
紀子さまの母親は静岡駅南在日朝鮮人部落のご出身。
母方の祖父は朝鮮人部落の按摩。紀子さまの父親は紀州被差別部落民。」

「紀子の母方は満州に寄生していた朝鮮族だという
戦後のどさくさに紛れて日本に不法潜入し、静岡に住み着いた」

「川島紀子の母親が朝鮮総連で働いていた時、紀子は静岡市内にある朝鮮部落の馬渕3丁目のバラックから中田小学校に通学していた。
祖父は長屋に住んでいたが、紀子と文仁さんの婚約が決定した途端に バラックに自衛隊がきて、瞬く間に壊していった。
証拠隠滅とのコメントがあり、長屋は唖然としていた。お墓も壊された。」

【鬼子さんは学習院の時代に散々調べられたのです。
宮内庁が調べる前に誰かが問い合わせたのでしょう。 「この女は皇族に入ることはダメです」と言われたのです。学習院の段階で、却下されていたのです。 だから、宮内庁にはいかなかったのです。
「学習院では評判はよいです」と言われれば、「さらに宮内庁で調べましょう」となります。
宮内庁が調べる前に、学習院でもうダメだと言われていたのです。

どうしてかというと、学内随一のズベ公です。
お父さんはひも付きの左翼で、出自がよくわかりません。お母さんは、朝鮮総連の事務員をやっていたらしいのです。
これは、学習院の調査で出てくることです。これは、どう見てもダメでしょう。
学内随一のズベ公で、お父さんが左翼で、お母さんは朝鮮総連の事務員です。
この家が皇室に入るなど考えられません。これは、アウトです。このアウトの話を実現するまでもっていったのがA宮です。 (中杉弘のブログ)】

戦後のどさくさに紛れて、脱北。仲間の紹介で「朝鮮総連」の電話番をしていて、川辰と知り合った後、解放同盟の電話番をしていたのかもしれません。

49
返信する
匿名

母親総連説が最近になって出ていますが、両親の出会いは部落問題研究会でしたので、同じ部落でも朝鮮人ではない、在来型の方かと。

それに”総連にいた筈の母親”と家族一緒に、文仁との結婚(重婚だったが)前には、なぜか敵国である軍事政権下の韓国へ家族旅行しているのが、”北朝鮮人説”最大の矛盾点。

北朝鮮から脱出したかのような論調までありますが、戦前母方杉本家は満鉄に居て、戦争中に既に静岡には戻ってきていて、伊豆半島の明礬鉱山で、朝鮮人や中国人労働者を酷使する監督の立場(勤労課長)を勤めていました。事実その鉱山では強制連行問題が起きています。

こうした人権活動家一家にとっては負の遺産でしかない植民地支配での血塗られた経歴を打ち消すために、俄に脱北者説のようなもののデマで惑わそう、B説、Z説どちらもいかがわしいとして、世間では何も出自問題を語らせたくない、とのよく練られた思惑や策謀を感じさせられます。

また、文仁との結婚前に宮内庁が七代遡る伝統の身元調査をしようとしたところ、カワタツと野中議員で天皇皇后の前に直談判に現れ、身元調査は結婚差別にあたると猛抗議して中止に追い込んでいます。
この抗議事件が原因で、この家には特別の人権的配慮が必要であり、小室圭の交際前身元調査も実施できず、あんな朝見の儀もできないぶさまな結果に終わったことは近年の週刊誌にも出ています。

もしも母が朝鮮総連の職員だったら、身元は公安調査庁にがっちり掴まれていて、しかも彼らはそれ自体を差別だとはあまり言いません。

過去帳や戒名などを掘り起こされたくないのは、日本人であるからであり、かつ被差別階層の危険があるから、調べるなと叫んでいることに、この場合どうしても必然的になってきてしまうのです。
そういう出身でなければ、なぜ結婚前の調査を激しく拒んだのか?
結局そこに疑惑の根は戻ってきてしまいます。

人権尊重を叫ぶなら、一般国民の上に立ち、皇族になれば平民を差別する立場となる皇族になどわたしは絶対にならないわ、というのが、正しい左翼人権教育を受けた家庭の子女のとるべき態度であったはずです。
それだけに、いま「お前ら平民は」などと平気で宣うようになった姿を見ると、ただ成り上がりたかったんだな、というしかありません。
バラック生まれで、卑屈になっていた少女時代の反動で、誰より威張り腐る偽皇族になってしまったのです。

45
1
返信する
「第31回国会衆議院内閣委員会第5号昭和34年2月6日」を検索しては❓️

母親総連説は最近になって出たのではありません。
以前から、何度も出ています。
【杉本家は満鉄に居て、戦争中に既に静岡には戻ってきていて、伊豆半島の明礬鉱山で、朝鮮人や中国人労働者を酷使する監督の立場(勤労課長)を勤めていました】と、「ふぶきの部屋」等では、川島家の血筋が良いように拡散している記事のまんまです。

【過去帳や戒名などを掘り起こされたくないのは、日本人であるから】ではなく、日本人ではない事がバレないためでは❓️

故野中広務議員は、自身が非差別部落出身であるとカミングアウトし、部落解放運動にも熱心でした。

川辰(川島家)は、隠す事に熱心でした。
身元調査を反対したのは、正田美智子さんが、「第31回国会衆議院内閣委員会第5号昭和34年2月6日」の公文書で 出自や奔放な青春謳歌・見合い25回全て断られ 明仁さんに乗り換えた事を書かれたから…川辰と美智子さんが企んで「身元調査するな‼️」と宮内庁にケシカけたんですよ。

30
匿名

満鉄といっても、職種は公表されないままで、少なくとも鉄道員ではなく、鉱山などの関連事業の労働者だったとされています
もしそこそこ中間以上の職員なら、引き上げ後も按摩になるほど困るなんて事態は起きず、いい職場に再就職が可能でしたからね

昭和20年には、満州にはもうおらず、伊豆の宇須久明礬鉱山で鮮人らを束ね、鉱山労働を強制したりするタコ部屋管理人(勤労課長)をやっていたことは有名です
これも公式発表にはないのですが、強制連行問題を追及する市民グループの発見してきた一次資料中に祖父の名前がみつかり、謎だった帰国から駅南のバラック居住に至る闇部分が判明したのです
(まだ日本が統治していた時代に鉄道と船で安全に帰郷していたので、戦後動乱の中を引き揚げてきた者の味わった苦労はなかった)

18
匿名

これ、特別枠というだけでなくて、
トンボの論文の共同執筆者ということが、問題。
捏造やん、
これで、東大に入ったら、おかしい。
この国の科学論文の信頼性が、揺らぐ。
こんな論文、ズル人が、共著って、認められるの

55
返信する
匿名

同感です!

あの論文、ズルヒトが自ら調べ、仮説を立ててそれを元に研究者にコンタクトを取る、さらに一緒に調べて、データのすり合わせをして、共著論文としてまとめたものであれば、納得出来ますが、ズルヒトが書いたものではないのにおかしいです。

もし、私が推薦入試の面接官だったら、ズルヒトに聞いてみたいです。

また、数ある大学の中から何故東大か?、農学部の志望動機、大学4年間どう学び、卒業後の進路など、ズルヒト自身が自分の言葉で話すかどうかも含めて見てみたいです。

ズルヒト、何と答えるのかな?30分の面接時間、態度などをチェックしながら、審査したいです。

42
返信する
恥じ入ります

世界でインチキ事実が分かっているのに日本では?
関係者は恥を知りなさい。共著者も白状しなさい。
精薄の障害者に高度な論文書けると思いますかね。
付属高では国語も含めほとんどの科目が一桁点よ。

55
返信する
匿名

日本は不正論文が多いらしいです。
ということは本当に正しい論文もそんな目で見られてるかもしれない。
恥ずかしいし情けないですね。

36
返信する


匿名

大金使って一流の学者と
論文を共著すれば
アホボンさんでも
東大に入学出来る?
悪の前例にしてはならない

54
返信する
匿名

私は、天皇が高卒でも中卒でも構わないと思います。
国民が納得できる人間性があればね。

ズルせず、皇室特権を乱用せず、国民を平民と呼んだりせす、国民と争わず、宮内庁職員を見下したりしないなら。
敬宮愛子様が、まさにそのようなお方だと思います。

57
返信する
匿名

敬宮さまは謙虚なうえに、頭もよく、古典文学という本来の皇族が必須科目であった文化を大切にされ、加えて外国語にも堪能であらせられます。
もう何処からも申し分のない、次代の天皇陛下であります。
これ以上の人物は日本中探してもどこにも見つかりません。
愛子さまをここまで立派にお育てくださった雅子さまに感謝致します。

65
返信する
匿名

陛下とのご婚約が決まった後か結婚された後か忘れましたが
皇后陛下のお母さまが会見されててその時の言葉を今も覚えてます。
「子供が背中を見ているかと思うといつも背筋を伸ばしておりました」
たしかに子供は親を見ています。
それが良いことでも悪いことでも。
だから、緊張して(私ならだらしない格好も致しますが。(^_^;))
いつも過ごしておられたそうです。

この母にしてこの子供(雅子さま)ありなのですね。
つまりはその母の母もとなりますね。
そして、愛子さまです。
愛子さまもお子さまがお出来になられたら素晴らしいお子さまに育てられるでしょうね。

45
返信する
秋篠家の常識は、世間の非常識

今日の「エトセトラ.ジャパン」の記事『秋篠宮さまどこまで自力で学問を? 難解な遺伝子解析の英語論文で生物学者になったはずが、タイのある大学で…』

タイで 名誉博士号を幾つも取った事や、素晴らしい英語力で論文を書いた事(文)、98%日本語が分からない人に日本語で論文発表(言葉)した事等が 書かれています。

紀子さんも、アンケート収集だけの論文で「博士号」を取得しています。

だから、男を産んだ秋篠家は、何だって許されると思ってる…というか、世間の常識を知らない暴挙が当たり前なんでしょうね。

47
返信する
悠仁様は?? 何処に行くのでしょうか

悠仁様の話題からズレますが、朝鮮総連・解放同盟は、「犬猿の仲」ではなかったのかもしれませんね。

山口県田布施地区は、朝鮮系非差別部落として有名ですが、岸信介・佐藤栄作・安倍晋三…と 総理大臣の出身地としても有名です。佐藤栄作・安倍晋三さんは、娘が嫁いだ先の子孫(女系)です。

麻生太郎さんも 非差別部落出身で女系ですね。岸さん佐藤さんは、東大卒。安倍さんは、成城でしたか?
麻生さんに至っては、礼宮以前では、学習院で最低の成績でした。

その人達が「皇位継承1位2位は揺るがせにしてはならない」と論じたのも、お皿婆様から礼宮・悠仁…と繋がる関係と 似ていますね。

31
返信する
匿名

本題と話はズレますが

天皇皇后両陛下が英国滞在中は
敬宮様を高円宮邸で久子様と承子様
の監視の元でお泊りさせて頂く事は
出来ないのですかね?
皿や鬼子の放つ刺客が万万万が一の事
敬宮様に危害を加えるとか有りそうで
恐いんですけど。

36
返信する
匿名

高円宮邸に、1週間緊急避難に賛成です。その間、日赤への通勤、単発の公務は、高円宮邸から通ったほうがベストです。

経路と時間は少しかかりますが、安全の為です。

この間、仙洞御所と赤坂のベルサイユ御殿からの電話は受けないよう、留守番電話にすること、見て子と鬼子が来た時に備えて監視カメラに録画しておきましょう。

16
返信する
匿名

日本の皇室もおちたものです、正田の婆さん、川島の鬼子が入内してから。
二人とも出自がはっきりしない(婆さんも正田の子ではないと言う話も)、ハニトラで皇室に入った。お頭も品性も性格も全て悪い、その上嫉妬心だけは異常、結局、皿は鬼子が自分より何についても下だと考え入内を許したのもあるけど、皿も鬼子とやっていることがたいして変わらないという。

国民が思っていた通り今上陛下御夫妻の英国訪問ごろに、何かするだろうと思っていたが”プライベートな外出”をしていたが、相変わらずマスゴミが報道しサクラを集めての出動、この婆さんも秋篠宮家と同様、出れば出るほど嫌われるのにまじ理解していないんだろう、どんだけこいつらの”見栄、嫉妬”のために税金を無駄使いしているのだろう

27
返信する
匿名

皿は正田富美と893組織稲川会創設者で
初代会長の稲川角ニ(渡世名:稲川聖城)
との間で浮気して出来た娘と噂されてるし
正田富美は上海租界でイギリス人宣教師と
中国の朝鮮族売春婦との間に出来た
私生児と噂されています。

22
返信する
匿名

皿のDNAこそ情報の宝庫だね。
正田富美が中毒人(朝鮮系)とイギリス人宣教師(たぶんインチキでエロ事師)のハーフである、というのは知る人ぞ知る。

正田富美は決して貞淑で控えめな教養ある夫人ではなかった。

皿をカトリック系に入学させたこと
怒ると上海語で罵詈雑言を捲し立てたこと
家に中は土足だったこと
当時の一般女性の嗜み(華道、茶道、書道)ができなかったこと
なぜ上海育ちなのに日本語があんなにできたのか、という謎。
娘の見合いの席には、隣室に寝床を準備していたという(日本人には発想も理解もできない)
そのくせ見合いの相手は家柄を選び、国家公務員(当時三島由紀夫は大蔵省に勤務していた)。
娘の美智子には社交ダンスを仕込み、男性を凋落させようとした。
などなど・・・。

返信する


匿名

ヒサ坊がルクセンブルク皇太子と通訳なしで歓談とか、よくもまぁ、こんな嘘バレバレの報道させて鬼子も文仁も恥ずかしいとかないんだね。

鬼子たちにしたら英語ペラペラ、頭脳明晰という報道させれば国民が尊敬するとでも本気で考えているのだろう。あまりにお粗末な知能でこんな報道させては炎上しまくり撃沈しているのに、それでも学ばないと言うか恥ずかしさもないって、とても健常者には想像できない。この両親、相当お頭弱いんでしょう。

20
返信する
しく

この方の受験において、特別な立場なんだから全く公平にということは無理にしても、あたかも正面突破したかように偽装することが皇族にあるまじき行いだと思います。
特別な制度が急に都合よく出来たり、ご優秀伝説のために作文や工作物を偽造したり、次々と不正を繰出す宮家には嫌悪感しかありません。
一般人なら逮捕でしょう。

堂々と聴講生ではいけませんか。

返信する
匿名

この方の受験において、特別な立場なんだから全く公平にということは無理にしても、あたかも正面突破したかように偽装することが皇族にあるまじき行いだと思います。
特別な制度が急に都合よく出来たり、ご優秀伝説のために作文や工作物を偽造したり、次々と不正を繰出す宮家には嫌悪感しかありません。
一般人なら逮捕でしょう。

堂々と聴講生ではいけませんか。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です