紀子さまの企み…愛子さま留学中に「皇位継承議論」で、悠仁さま天皇が確定か


令和5年の歌会始

元日の『新年祝賀の儀』に始まり、2日の『新年一般参賀』と年末年始は多忙を極める皇室ご一家。とくに一般参賀で6回登場された愛子さまの麗しいお姿に、国民からは大きな歓声が上がりました。

そんな愛子さまは来年度に大学を卒業される見込みであり、次なる動向に注目が集まっています。1月18日に予定されている『歌会始の儀』では、どのような抱負を詠まれるのでしょうか? ここで思い出されるのは、2022年、同行事に初めて臨んだ愛子さまは、「窓」というお題で次の和歌をお詠みになられました

「英国の 学び舎に立つ時迎へ 開かれそむる 世界への窓」

この歌は、愛子さまが高校2年生のとき、イギリスの名門私立・イートン校のサマースクールに参加されたときの思い出を詠んだものです。このような歌を大学生になってからも詠まれたことで、学習院大学卒業後はイギリス留学が濃厚ではないかと報道されています。

同級生が就職活動の時期を迎える中、愛子さまもご自身の将来について思い悩まれていることは想像に難くない。ある宮内庁関係者は、大学卒業後の進路について、こう明かす。

「ご卒業後は、大学院へ進学し、学問の道をさらに究めていかれる線が濃厚だといわれています。大学院を卒業したら、数年単位での留学を視野に入れていらっしゃるとか。

’22年の『歌会始』でイギリスに関するお歌を詠まれたとおり、かねて愛子さまの海外への関心は高い。かつてイギリスのオックスフォード大学で学ばれた陛下と雅子さまのように、“若いうちに海外留学したい”とお考えになるのは自然なことだと思います」

週刊女性

愛子さまの進路についてさる宮内庁職員の方に話を伺ったところ、「まだ愛子さまの進路は未定ですが、確かにイギリスに留学される可能性は高いと考えております。イギリス王室と皇室は伝統的にお付き合いが深く、天皇陛下も雅子さまもオックスフォード大学に留学されていました」(宮内庁職員)という回答があったが、ここに懸念が一つあるそうです。なんとそれは紀子さまの存在だというのです。

「紀子さまが愛子さまの進路に異常なまでの関心を持っており、何かに取り付かれたように、一週間に何度も御所のほうに電話してきて『愛子さんの進路は是非、オックスフォード大学に海外留学で!』と絶叫するのです」(同前・宮内庁職員)



愛子さまを追い出したい紀子さま

なぜ紀子さまは愛子さまの海外留学を熱望するのでしょうか? その理由は、愛子さまが不在の間に皇位継承問題を片づけたいからだそうです。秋篠宮家に通じる職員は次のように語ります。

「皇位継承問題の議論は止まったままです。岸田文雄首相は2022年1月12日、安定的な皇位継承を議論する有識者会議(座長=清家篤・元慶應義塾長)の最終答申に沿った報告書を国会に提出した後、特に議論は動いていません。しかし昨年を振り返っても、天皇家は揺るぎない信念で国民の信頼を得たのに対し、秋篠宮家は様々なトラブルを起こして評判を下げる一方です。たとえばカピバラを食べたとか、鶴を刺身にしたとか、40億円の豪邸を建てたとか、驚くべきような報道が連日続いています。

このような状況で愛子さまがご卒業され、公務に参加されるようになれば、『愛子天皇を!』という国民の声が高まることは間違いありません。ですから紀子さまとしては、愛子さまを海外留学の名目で日本から追い出し、その間に皇位継承問題に関する議論を終結させたいのでしょう」(秋篠宮家職員)

政府が2022年に制作した最終答申では、(1)女性皇族が結婚後も皇室に残る「女性皇族残留案」、(2)旧宮家の男系男子が養子として皇籍復帰する「旧宮家復帰案」の2つが軸とされました。これについて成城大の森暢平教授は次のように評価します。

最終答申は形式上、(1)(2)を並べた。両論併記にも見える。しかし、「元宮家復帰案」を含む最終答申は、女性宮家と女系天皇をつぶすための案である。

自民党は参院選を名目に議論を先送りにする。しかし、参院選後も議論を避けるはずだ。

男系維持派の当面の目標は、「静かな環境」のなかで、(1)(2)を同時に実現することだ。「女性皇族残留案」「旧宮家復帰案」の双方はそもそも、皇族数の確保だけを目的とする。だから、女性皇族にも、旧宮家から復帰した男系男子にも、当面の皇位継承権は持たせない。(1)(2)を同時に実現すれば、女系派(野党)の意見も取り入れたという形を取れる。

しかし、将来的には、女性皇族の子孫には継承権を認めず、旧宮家の男系男子の子孫には継承権を認めるという「決定」を目指すはずだ。女系天皇を認めないための代案が「旧宮家復帰案」なのだから、当然の目標である。

そうだからこそ、男系維持派(自民党保守派)はいま議論をしたくない。「静かな環境」のなかで、有識者会議の最終答申をそのまま実現したい。

エコノミストオンライン

すなわち愛子さま国内不在の「静かな環境」のなかで、愛子天皇を潰すのが紀子さまの目的だというのです。

「紀子さまの第一希望としては、佳子さまより先に愛子さまが結婚して臣籍降下。その後、女性皇族残留案を通し、佳子さまは結婚後も皇室に残るという筋書きです。こうすれば次世代の皇室は秋篠宮家だけとなります。そうすれば紀子さまは、美智子さまを超える女帝として日本を支配できるという筋書きです。そうなれば眞子さんを皇室に戻すなどやりたい放題の未来が見えてきます」(秋篠宮家職員)

恐るべき紀子さまの計画…果たして実現するのでしょうか? 先の森教授は記事の中で次のように締めくくっています。

「しかし、ジェンダー平等が目指すべき目標であるこの国で、女系天皇をつぶすための案を、国民が受け入れるだろうか。「神武天皇の血統」を引いているというだけで、どういう人かよく分からない旧宮家の復帰を、認めるだろうか。懐疑的にならざるを得ない。



男系維持派(自民党保守派)は時間稼ぎによって、女系天皇論を封じ込めようとする。その男系維持派によって、皇室がなくなるという危機がますます深くなる。現実の皇族の苦悩がより大きくなっている。憂うべき事態ではないか」

46 COMMENTS

匿名

愛子さまは典範改正により立太子され、佳子降嫁を確認されてからでないと英国御留学はなされないでしょう。

なぜならば、東大進学も十分に可能な成績であったのに、敢えてなされなかったのは身の危険が迫っているからでした。
学習院ですら、まだ危険を感じておられるほどなのに、警護の薄い英国になど留学は到底不可能と判断されているはずです。

紀子は解放同盟からの決死隊を派遣し、英国でどのような狼藉を企むやも知れません。それほど危険な出自の女なのです。

愛子さまは先手先手を読まれています。
ここで書かれるより何手も先を読まれて、備えておられますので、余分な御負担はかけないようにし、とにかく文仁が安西家の長男であることをDNA鑑定であかして、一家全員を追放するか、皇室典範第11条2項による懲戒処分としての皇籍剥奪にのみ、国民は注力すべきだと思われます。

243
1
返信する
匿名

平民の皆さんは忍耐強いです。
正田美智子明仁の時代に耐えられたのですから、川島紀子文仁の時代にも余裕で耐えられるはずです。

3
117
返信する
匿名

ばーか
今はネットがあるから馬鹿ゴキがやりたいことは潰れるンだわ
ゴキの令和は短いが、国民の令和の時代は長いンだわ

73
返信する
匿名

盗作や不正ばかりのごび〜ょきの人が
継承はありません。血縁もない者は追放です。

88
返信する
匿名

悠仁を今の高校を退学させて、浜ちゃんの母校日生学園に再入学させて徹底的に鍛えさせる。

33
返信する
匿名

秋篠宮家が犯罪者として追放!
謎の個体は消滅!
アメリカが秋死を見下し認めていないから終了!

61
返信する
匿名

敬宮さまが旧皇族との縁談を決められたとき、本来秋家は
男系派からも泡沫ガイジ偽宮家として不要になるはずですが
実際信者はその可能性には頑なに目を瞑り、佳子宮家どころか
眞子復帰まで叫ぶ、狂気なありさまです。
それは、紀子の子=BZチルドレンを皇室に残させ、皇統に
食い込ませることで、皇統をBZの血で穢すことに最大の目標
を見いだしているからとしかいいようがありません。

158
返信する
一般人の感覚

佳子さまより愛子さまが先にご結婚したら、いくら佳子さまでも年齢的に嫁ぎ先が無くなりますよ!

愛子さまの留学中に皇位継承問題を決着という前に、悠仁さまの進学問題が決着しますかね?

紀子さまの目論見は、ほとんど外れますからね!笑

186
返信する
匿名

佳子さんにも紀子出自相応の彼氏はいましたから心配は要りません。
紀子が例の如く高望みをやめないので好きな男と結婚できないだけ。
駅南出身の母がいてはまともな家庭の男子ならお断りするでしょう。
あとはもう蓼食う虫男をどこかから捜すしかありません。

131
返信する
一般人の感覚

秋篠宮家と縁戚になるという事は『火中の栗を拾う』という事ですね。

147
返信する
匿名

一度でも痴漢をやった者には
仮に血統の問題がなかったとしても
天皇の座などは絶対にありえないことです。

悠仁はすでにここで報じられただけでも
三回も痴漢を行っていて
同級生、ブータン王女、ベルギー王女といずれも
黙ってなどくれない恐い相手ばかりです。
悠仁はお金で買えない女性に対して痴漢したのです。

その痴漢原因も多分に知的障害、ウスノロ頭が原因では
ただでさえ、成績が最低で、テスト0点と報じられるのに
性犯罪だけは大好きでは、このビョーキは治せませんね。
世界王室の笑い者です。

156
返信する
匿名

眞子も佳子も悠仁のせいで、いわゆる「きょうだい児」です

余分な子を後から作られたがばっかりにこの不利益でしょ
悠仁みたいな子が産まれる系統というだけで縁談も途絶

母親としょっちゅう喧嘩になるのもわからなくもないです
「おかあさんがあんな子を産んだからあたしもさんざんよ」
「悠仁のようになるかもしれない遺伝が恐いからと男が寄り
つかなくなったじゃん」
きょうだい児にとっては、まさにとばっちりだろうけど
これ結構深刻な、深ーい問題です

136
返信する


匿名

コーシ家の企む事はどうせ裏目の墓穴掘りでしょうから、皆さんへ「ネタ」を提供する事になるでしょう。

私が期待するのは敬宮様と旧宮家等の男系男子との交際宣言が出ることですね。これで国民世論は決定的に敬宮様御即位へ傾きます。

男系派もケチを付ける事が出来なくなります。すでに世論は「愛子天皇」ですが、本当に決定的な世論になるでしょう。

今年、このようなニュースを聞けたら幸いです。

111
返信する
匿名

トンボ利用が「ズル」と言われて批判が巻き起こり、一層評判を下げる事を心配しております。

あっ、「利用」って言っちゃった。

92
返信する
匿名

この知恵遅れの偽日本人は、ボッタマを何とかショラテンにしたいようだが、皇室典範第3条にひっかかるでしょ、ボッタマは。
その前にとにかく鯰のDNA検査をズルなしでしてからの話!
知恵遅れだから母親、父親からして常識、しきたりもな~んも通じない。

120
返信する
匿名

ズルヒトに次期天皇は向いていませんし、絶対に即位してほしくありません。

鬼子、また何かを企んでいますね。
愛子様がイギリスに留学している間に、ズルヒトを天皇に即位させ、決着をつけさせたいだなんて・・・

鬼子の目論見はほとんど的外れですので、ここは一日も早く、秋一族の廃嫡を希望します。

136
2
返信する
匿名

そして、日本沈没です。
また、国民の中には日本を脱出して、海外に向かう人々も増えると思います。

73
返信する


匿名

キーコが女帝? ソーンなことになったら 流石の日本人も黙っちゃいないでしょう
マリーアントワネットみたいなことになるよ
国民の声を舐めたらあかんぜよ

ところで 愛子ちゃんは自分で天皇やりたいと思っているのかい?
周りの取り巻きはやる気満々みたいだけど。
もしも嫌だって言ったらどうするの?
サーヤがなったほうがいいんじゃない? 年季の入った卑弥呼みたいな巫女さんだし。
おぼっちゃまくん=闇の女帝キーコ だけは辞めてちょんまげ。

20
41
返信する
匿名

ここのところの敬宮様の姿を見ていると、覚悟が決まっているような感じに見えます。

すでに、御即位に向けた動きが始まっているのでは?と思うほどです。

106
返信する
匿名

いくらなんでもマリーアントワネットが可哀想です。
エレナ・チャウシェスクが妥当です。

13
返信する
匿名

漬物丼に吹き出してしまいました。
確かにそうですね。また、ラーメンやちゃんぽんなどを入れる丼にも向いています。

それにしても、誰がデザインしたのでしょうか?
鬼子の帽子をデザインした人、鬼子とやり取りしたデッサン画、アイデアメモ持参で出てきて、説明願います。

64
返信する
匿名

自分はこの丼ハットに蒸籠ドレスをお召しの所が見たいですね。
ラーメン肉まんセットの出来上がり!

59
返信する
野萩

来年の9月は暫定2位の成年会見です。敬宮殿下がその時日本にいようがいまいが、そこで国民の考えは決まるのではないでしょうか。

殿下に並ぶ、殿下を越える会見が、暫定2位にできますか?
絶対に比べられますね。「数年前の敬宮さまの会見は本当にご立派だった」と。

日本におらずとも、殿下のお姿は国民の心に焼き付いています。仲睦まじい養蚕も、歌会始の素敵な御歌も、成年会見も、数回のお出ましにも拘らず溢れる称賛のコメも、堂々たる一般参賀も。
殿下の留学による国内不在は、寧ろ殿下に「天皇」を求める声をより強くするかもしれませんね。

94
返信する
コモンセンス

安定的な皇位継承を議論する有識者会議は機能していない。
座長も結論ありきの人物で有名で、政府の方針に従うだけ。
男系男子に拘る限り安定的な皇室の姿を描くことは不可能。

多様な意見を出し合ってよりよい結論を出すのが本来の姿。
この有識者会議は同じイデオロギーの集団で、利害も一致。
国民の声は無視したまま、男系男子で突き進む集団ですね。

皇室典範の改正など眼中にない者の寄せ集めに過ぎません。

78
返信する
木村

里中満智子さんは、奈良時代の天皇漫画をたくさん書いてきたせいで、
今が令和だと言う事を忘れがちです。

女性が天皇になれば、その夫が権力を持ち、世が乱れると言いたいようです。

しかし、
男性天皇の妻の一族だって、そのブランドを笠に着ようとするならば話は同じだし、

現在の天皇は象徴であって、権威はあるけれど実権はありません。国民主権です。

今の皇族に一番求められているものは、国際的なご活躍です。

今上両陛下は、外交官百人分以上の働きができるお方々。その国益は、宮内庁予算を凌駕しています。

皇室外交が出来ない皇族は、穀潰しですよ。(御高齢の方は除いて)

クドクド重ねますが、
今は主権は国民であり、国民のためにならない皇室は要りません。

今上両陛下からは、国民に対する愛と慈愛を感じます。

勘違い鬼からは、アタイは地位が高いのだと、国民を馬鹿にしているような雰囲気を感じます。

60
1
返信する
匿名

昔は朝日も頑張ってたのかな?

自民党・野中氏ら 皇室典範改正論に前向き発言 朝日2001年12月2日

ttps://www.asahi.com/national/birth/K2001120201297.html

26
返信する
匿名

自民党の野中広務氏といえば、32年前 昭和天皇を恫喝し、娘の入内を迫った川島辰彦がお供させた人物。

朝日新聞社の岩井克己氏と同和の大ボス野中広務氏がタックルを組めば、最強だな。

そこに、川島辰彦氏、川島氏の親友
山折哲雄(『皇太子様 御退位なさいませ』の著者)が正田美智子と組んで、こともあろうか皇太子妃の大バッシング、その時代か❗️

31
返信する
匿名

野中氏は女系天皇に賛成のようですが

Wikipedia-時事放談→外部リンク→TBS「時事放談」公式ホームページ →過去の放送→バックナンバー→第133回(06•12•31放送)

野中「皇室典範っていうのは、いつの時代に備えてもやっぱり女系の天皇も、存在しうるという改正の仕方はしておかなきゃいけないと思います。秋篠宮の悠仁親王が生まれたから、もういいんだと。そんなもんじゃないと思うんですよ。やっぱり、わが国の天皇というのは、それぞれご成長なさって天皇としての帝王学をおさめられるというところに、もっていってもらわなくては困るんで…。これで、もういいんだいいんだなんてね、ちょっと軽率すぎると私は思っています。だから皇室典範はやっぱり当初方針とおりこれを改正する方針でいかなければいけないと」

時事放談バックナンバーは第1回〜第712回まであるので、全部は読んでません (第35回、37回、40回、89回も皇室関係あり)

22
返信する
匿名

カピバラ家の面々は、国民に不幸をもたらす、悪の現人神でしょうか。
世界の(失)笑神で、国民に取っては貧乏神で祟り神でしか無い。
偽者が皇室を乗っ取ろうとし、黒い物が渦巻いているから、その様なものが引寄せられて、ワラワラと集まって来るんですね。
カピバラ一家は、今上天皇家の邪魔をし、国民を疲弊させ不幸にさせる、それを至福の喜びとしているのでしょう。
人造人間カピボンが、天皇陛下と呼ばれる未来を、あの金満要塞宮殿で、カピ髭は酒と干支のウサギを食みながら、鬼子は張り付いた笑みを浮かべがら、その日を指折り数えて待っている。
オマケの鹿子は、そろそろ整形メンテが必要で、眩しすぎるオーラのaikoに勝つために、赤い衣装を作り続け、尻振りダンスに勤しんでいる。
そして能天気のNY夫婦は、カピ家の金を湯水のごとく使い続けているのでしょう。

66
返信する
匿名

いまだに秋篠宮家の血の正統性を疑わず、ズルヒトが裏口入学者でもなく、健常児でかつ性犯罪者でもないと確信しているのは、統一教会や大山ねずの会、成長の家など一部カルト教団か、部落解放同盟ぐらいしかありません。

ほかの少しでもこの偽宮家のことを知る人々は、揃って眉をひそめ、このままでいいのか不安に感じ、「男系」という表現の使用すら、当主が「安西文仁」だったのでは、端から国民は美智子からよそから貰ってきた子で騙されていたことになるので、最初から男系ですらない、形だけの皇室ごっこでしかなかったと気づきだしています。

度重なる「帰れコール」の声がいや増しに高まり、もはやきれいごとでは誤魔化さなくなった”血の秘密”と、”カピバライーターパパ”と”裏口不正入学0点息子”親子の醜態から、目を背けられなくなっているのです。

この時点で、紀子が例の如く、愛子さまを留学で追い出して、鬼の居ぬ間に皇統簒奪を完了させようとしても無理です。

秋篠家の醜態がこれほど拡散してしまった以上、無理をすれば逆に有志による、憂国的DNA親子鑑定がなされることになるでしょう。憂国の志士の手にDNA鑑定サンプルが落ちれば、鑑定は本人同意がなくても可能であり、結果が海外で公表されれば、大衝撃の津波となって秋篠家を襲います。

それに解放同盟にとっても、あまりごり押しすると組織が壊されます。もともと天皇制は差別装置だとして、運動体としては非難しつづけてきたのに、お仲間が天皇位を狙うというと急転直下、方針転換するのでは、あまりにもご都合主義だし、部落全体への差別はますます強まりこそすれ、下克上になるのでは、逆効果しか見込まれないからです。

54
返信する


匿名

>「紀子さまが愛子さまの進路に異常なまでの関心を持っており、何かに取り付かれたように、一週間に何度も御所のほうに電話してきて『愛子さんの進路は是非、オックスフォード大学に海外留学で!』と絶叫するのです」(同前・宮内庁職員)

紀子も頭が完全に狂ってきましたね。一日に何度も御所に電話しないと居ても立ってもいられないほどに、悠仁の発達遅滞に苦しめられ、一方で性欲だけは盛んとなってしまい、もはや座敷牢に放り込むしかない状況に、紀子の叫ぶ言葉は「愛子さんの進路は是非オックスフォード大学に海外留学で」では、まるで犯罪予告みたいにも聞こえてしまい、正直不気味です。

賢明な愛子さまは、かくなる異常事態では留学はなされないでしょう。というか、危険で留学どころではないのでしょう。
死ぬほど愛子さまを憎む駅南出身女が近くに居て、予算中抜きしては反社勢力に預けた格好の裏金(犯罪資金)がごっそりあるとみられる現状では、人一人の暗殺依頼をする費用くらいわけなく出せてしまうからで、安倍暗殺がすでに紀子の指示だという説が出たほどまでに、危険人物視されだしていることからも明らかです。

愛子さまは皇宮警察からまで「このクソガキ」と罵られるほど、守られていないどころか身の危険を感じるお立場です。
国民としても厳しく皇宮警察内部の腐敗や不敬発言にまで目を光らせ、何かあれば告発や抗議することも辞さない厳しい態度で臨まないといけません。

このごろ、愛子さまは国民全員でお守りし、愛子天皇に反対する謀反勢力と対決しないとダメだと痛感するようになりました。国民みんなで、守り、お育てし、大事に大事にして、敬って、ようやく立太子の道が開ける存在といえるのです。
このまま黙っていたら紀子のやりたい放題に呑まれてしまいます。留学に自由に旅立てない愛子さまは本当にお気の毒ですが、どうか立太子までは我慢をお願いします。

62
返信する
匿名

紀子さんがお亡くなりになってから
検討するとのことです。

   政府関係者

33
返信する
匿名

目玉グルグル文仁はずっと24時間医師同行の身ですから
先はあまりなく、それほど長くはないはずです。

悠仁も難病告知をされたとの由でやがて歩けなくなるとか。
生まれた時から難聴で、人工内耳もどれだけ持つのか不明。
多指症で指切除の噂、口唇口蓋裂では鼻下に明瞭な縫合痕。

紀子も精神疾患でお気に入りの精神科医がカウンセラーとし
常時同行、安倍暗殺直前に発生した愛育班表彰式癲狂時には
控室に避難させ、愛情のこもった鎮静剤投与を行ったとか。

眞子も自称複雑性PTSDだからと大威張り会見で国民に喧嘩
売りに来ました。
全員凡そまともとは言いがたい健康、精神状態ですから
とても天皇家になる重圧には最初から耐えられません。

54
返信する
匿名

悠仁を今の高校を退学させて、浜ちゃんの母校日生学園に再入学させて徹底的に鍛えさせる。

18
1
返信する
匿名

それより静岡つながりで、ぬまっきですよ
偏差値27で有名になった高校ですから悠仁にはぴったりです

27
1
返信する
匿名

ばっかじゃないの?
英国に留学して数年日本国内にいないからなに?

別に敬宮様の人気や天皇に望む声はなくならいし変わらないと思いますよ。

それどころか留学によって英国王室との関係がより深いものになるでしょうし、留学により教養や品格等が備わり益々敬宮様を天皇に。って声が上がると思います。

いい加減、公務(必要のない)をしてればイメージが良いとか人気が上がるとかの考えが違うことを分かりましょう。

暫定ごときが偉そうに!!!

34
返信する
匿名

総理大臣も
政党&地方代議士選挙で えらい目に
散々有っとるんだから(防衛費 増税)

ネット&投票で
天皇さんは 決めよ~や。

でなきゃ やっとれんわ。

17
返信する
匿名

悠仁がテンノーになつたりしたら少子化が益々進むことになる。
少子化を食い止めるためには、愛子さまが天皇に即位されることが一番効果的だということがどうして理解出来ないのだろう?

17
返信する
匿名

日本の天皇制の問題点(男系)を見ると、日本の家族制度との関連が見えてくることがある。
例えば、夫は「主人」であり、妻は「家内」であるが、これは男系に通じる発想である。
結婚すると、苗字は男性の苗字となり、女性は、男性の付属的な存在となる(養子縁組はこの例にあらず)。
付属品の妻は、主になることは許されず、子供を産むことが最優先事項とされる。言うならば、女性は子供を産む機械、として扱われる。家督を継ぐ男の子を産んだ嫁は「褒められ」、女の子しか産まなかった嫁は「蔑まれ」、子供を産めなかった嫁は石女として、その存在は否定される。

仮に政略結婚の結果として嫌悪感以外何もない嫌な男が夫となった場合でも(何しろ女性には選ぶ権利がない(驚き))、夫の性的発情の処理をする義務を担い、女性側の気持ちなど無視され、気が進まなくとも娼婦のごとく受け入れなければならず、拒否することは命取りともなりかねない時代もあった。現在もその名残が一部残っている。

今、皇室で起こっている困った問題は、実に、これらのことを基にして議論されているようである。その問題の根底には、男性であることこそが家系を継ぐ絶対的な条件、という非人間的な発想しかなく、これは、隣国レベルの低級な発想である。少し前まで、男児は神のごとく扱われ、女児はゴミのごとく捨てられた、または人類最古の職業に従事する者として売られた。

将来の天皇に思いをはせる今、私は、天皇家に産まれた子供こそが、家系を継ぐにふさわしい人物だと思うのだ。それこそが最も純粋な将来の天皇に対する考えではないだろうか。

男系でなければいかん、とする有識者たちの考えは、皇室の性の乱れを熟知しているが故の杞憂である。はたして、今まで脈々と受け継がれてきた天皇家の血筋がどの程度信頼できるものかどうか分からない以上、そろそろ皇室の性の泥沼化を清算すべく、有識者たちが本来の能力を発揮して議論すべきである。

17
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です