悠仁さま両腕マヒ状態の異様な歩き方が話題に!紀子さま教育虐待ストレスによる心身症の可能性も!


文・もっちゃん

各メディアが悠仁さまの成績不振を一斉報道

今月発売された「女性自身」により、期末試験の成績が壊滅的な状況にあり、「現国」の科目では、平均点の半分以下となる赤点を取られたことが明らかになった秋篠宮家の長男・悠仁さまですが、現在、複数のメディアがこの成績不振について報じています。

先週発売された「週刊新潮」(2022年11月24日号)も、悠仁さまの成績が懸念されるとして、次のように報じました。

日頃の部活動では、下校時間が18時を過ぎることも珍しくないという。新たな環境にすっかり順応され、充実した生活を送られているかにうかがえるのだが、そんな中で気がかりな報道がある。先ごろ「女性自身」が、悠仁さまが先の期末試験で“現国で赤点レベルの点数”を取られるなど、成績が伸び悩んでおられると報じたのだった。もっとも、

「1年生の現国は今回、テストではなくレポート提出だったはずですが……」

 学校関係者はそう話し、

「ただし、悠仁さまは決して上位の成績というわけではなく、科目によってむらがあるとも聞いています」

“赤点”の真相はひとまず置くとして、悠仁さまの学業に懸案が生じているとみるのが妥当だろう。

「宮邸では、紀子妃殿下が学校の成績に文字通り一喜一憂なさっています」

 そう明かすのは、秋篠宮家の事情を知る人物である。

「妃殿下は、ただでさえ悠仁さまが校内で目立つ存在であることから、恥ずかしくない成績を収めてほしいと切に願われています。今年2月、受験と前後して作文コンクールでの“無断引用”が明るみに出た際には、将来のお世継ぎのイメージダウンをいたく憂慮され、また周囲の大人たちの不注意でもあるとして、あらためて職員を厳しく“ご指導”なさっていました。そうした経緯もあって、学業にはいっそうナーバスになっておられるのです」

 紀子妃が懸念される“要素”はこれにとどまらず、

「幼稚園から通われたお茶の水女子大附属では、途中で成績優秀な男子が受験で外部に出てしまうこともあり、中学時代の悠仁さまは、男子では上位の成績でいらっしゃった。それが一転、筑附は優秀な生徒だらけ。制服がないなど自由な校風ではあるものの、やはり受験校特有の雰囲気がある。それまで過ごされてきた環境とは大違いであり、戸惑いを覚えられているともうかがっています」(同)

「週刊新潮」(2022年11月24日号)

家庭内のストレスが原因か?

このように、「週刊新潮」は、悠仁さまの成績不振について、筑波大学附属高校という慣れない受験校の環境に原因があるとしていますが、一方で、ある秋篠宮家関係者の語るところによると、秋篠宮家の家庭内でのストレスもその一因であるようです。

「紀子さまが、以前から悠仁さまを東大に入学させ、史上初の東大出身天皇に、との想いを抱かれているということは、週刊誌等で繰り返し報じられてきましたが、現在では、悠仁さまご本人に対しても、強いプレッシャーを与えておられるようです。

かつて、文藝春秋が、悠仁さまが食事中に嘔吐されたということを報じましたが、これもやはり、紀子さまからのプレッシャーが強い精神的負担になっておられたのでしょう。

現在では、筑附の授業に全くついていけず、“もっと自分のレベルに合った学校に転校したい”などと弱音を吐かれることもあるようですが、そのたびに、紀子さまは“あなたを筑附に入学させるために、どれだけお金を使ったと思ってるの!”などと絶叫され、“転校など、絶対に許しません”と仰られるようです」(秋篠宮家関係者)



また、こうしたストレスによる心身への影響は、ハッキリと一般国民の目に見える形でも明らかになっているようです。

秋篠宮ご夫妻の長男の悠仁さまは1日、三重県の伊勢神宮に、初めてお一人で参拝されました。

この春、高校に入学し、9月6日に16歳の誕生日を迎えた悠仁さまは、休日を利用して三重県を訪問し伊勢神宮に参拝されました。

スーツを着た悠仁さまは伊勢神宮の外宮を参拝したあと、最も中心的な社の内宮に向かわれました。鳥居の前でおはらいを受けたあと大勢の参拝者が見守る中、神職の先導で参道を進み内宮の正殿の門の前で玉串をささげて拝礼されました。

悠仁さまが伊勢神宮を訪れるのは、平成25年に秋篠宮ご夫妻や佳子さまと参拝されて以来2回目で、お一人では今回が初めてです。

このあと、悠仁さまは伊勢市にある神宮美術館を訪問し、伊勢神宮と正倉院のゆかりの文化財などを集めた特別展をご覧になりました。

このうち伊勢神宮で20年に1度社殿などを新しくする「式年遷宮」で神前に供えられる琴の展示では、「弦は切れないものですか?」などと質問しながら、興味深そうに鑑賞されていました。

「NHKNEWS」(2022年10月1日配信)

両腕麻痺の歩き方が話題に

こちらの記事にあるように、悠仁さまは、10月に伊勢神宮を参拝されたのですが、そこで、両腕がマヒしたかのように、全く腕を振らない歩き方も話題となりました。

秋篠宮支持です。悠仁さま、ご参拝はとても尊いことですが、お顔が青白く、両手を下に下ろしたままの歩き方にちょっと心配になりました。(お付きの方々は軽く手を行進のように振っている)お辞儀は綺麗ですが、目が細くて公認のダブルかも… 御身の安全をお祈りしております。

悠仁さまの歩き方、割と不思議な歩き方してるな

歩き方が完全にガ◯ジ

大丈夫なんか?

何かの病気じゃないといいんだが

ネット上で、ツッコミが殺到している、こうした悠仁さまの歩き方について、先の秋篠宮家関係者は、次のように語ってくれました。

「どうやら、悠仁さまは、紀子さまから強く叱責されるなどして、精神的なプレッシャーがかかった際に、緊張のあまり、全身が硬直し、手足が痺れたようなマヒ状態になってしまうこともあるようなのですね。

今回の、伊勢神宮参拝に関しては、TVでお姿が映される直前に紀子さまから電話が掛けられ、“しっかりと立派な姿を国民の前に見せるのよ”“何か、みっともない真似でもしたら、承知しませんからね!”などとプレッシャーをかけられ、ストレスで両腕が動かなくなってしまったようなのですね」(前出の秋篠宮家関係者)

ストレスで、心身ともにボロボロの悠仁さま。皆さんは、こんな状態にある悠仁さまが、将来、立派な天皇になることができると思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

24 COMMENTS

匿名

それは昔から言われていたし、父親も昔からずっと猫背&両手ダラーンでしたよ。
本当に最近になって「何を今さら」な記事が多すぎる。
それでもメディアも宮内庁や政府も何も言わないし、突然こうなっていました!私たちは何も知りませんなアリバイ作りにしか見えません。

118
返信する
匿名

ここまで来たら もはや まるでT教会の2世のような悠仁様ですね。
自分の意思や人として扱ってもらえなくないですか?将来の天皇の象徴とは程遠い事ばかりさせられて。
両親の姿に 近くにいる両陛下を見ておかしいとは言えない状況に周りの大人が追い込んでます。

84
3
返信する
婚姻前の2度の妊娠中絶の水子の祟りでしょう

伊勢神宮に参拝しても玉串の供え方さえも
わからない知能的は皇位継承者として無理

何が何でも3人目は男子を産んでやろうと
排卵誘発剤でも飲んだ副作用による障害か

79
3
返信する
匿名

カンニングにも使える人工内耳に音が直接届く
システムが現場では作動し、電話回線経由の
囁き女将こと駅南妃からの叱声が、ダイレクトに
音声信号として感覚器官に飛び込んでくるので、
これは興味深い人体実験でもありますが、駅南妃
への恐怖心が、身体の動き全体を止めてしまい、
手も顔の表情も引きつり、まるで死体のように、
ピノキオ動作になってしまうのかと推測します。

このシステムだと健聴者である周囲の人間には何も
聞こえませんが、他に同じ人工内耳をつけた観客が
いれば、同じ声が聞こえていたかも知れません。
腰のモコモコからは、身体半硬直による失禁対策に
いつものオムツが装着されているのが明らかです。

79
3
返信する


匿名

千葉県のホームページから引用しますが、悠仁が暴れたり、パニック障害を起こさないように、強い向精神薬が盛られたのだと思います

>精神科の薬ではどんな副作用がありますか。

回答
精神科の薬の中で、代表的な抗精神病薬の副作用については、古くから使われている抗精神病薬(定形抗精神病薬)は手が振るえて力が入らなくなったり、歩き方が前のめりになったり、首が曲がったりする「錐体外路症状」というパーキンソン病に似た副作用が起こりやすく、また口渇や便秘、排尿障害等も比較的多い副作用とされています。<

69
1
返信する
匿名

錐体外路症状(EPS)

すいたいがいろしょうじょう(いーぴーえす)
筋肉の緊張をコントロールする大脳の錐体外路という神経の通り道に、何らかの損傷が起きることによって現れる症状の総称。大きく分けて、筋肉が緊張して体の動きが少なくなる場合と、反対に筋肉の緊張がゆるんで体の動きが多くなる場合がある。具体的な症状は、手足がふるえる、じっとしていられなくなる、体がこわばる、正常に歩けなくなる、動作が遅くなるなど。パーキンソン病の症状としてみられるほか、統合失調症などの精神疾患の治療に用いられる「定型抗精神病薬」の副作用として引き起こされることもある。略称は英語のextrapyramidal symptomからとられた。

「向精神薬」(埼玉県のページから)

精神安定剤 普通の人が飲むとどうなる?

精神安定剤を必要としない普通の人が乱用すると、一瞬にして何も考えることができなくなるようなショック状態、言語不能、文字が書けない、などの極端な症状が現れることがある。 全身の筋肉が正常に動かなくなってしまうことがある。

第一世代薬の場合の本例に酷似する副作用は?

パーキンソン症候群(手指振戦,筋強剛,流涎等),
ジスキネジア(口周部,四肢等の不随意運動等),ジストニア(眼球上転,眼瞼痙攣,舌突出,痙性斜頸,頸後屈,体幹側屈,後弓反張等)
錯乱,不眠,眩暈,頭痛,不安,興奮,易刺激,痙攣、過敏症状,光線過敏症、口渇,鼻閉,倦怠感,発熱,尿失禁,など

このうちパーキンソン症候群は文仁に顕著ですね。
ジスキネジア(口周部の不随意運動で、悠仁の口裂け動画で指摘されていました),ジストニア(舌突出は悠仁豆記者応接時に,痙性斜頸は幼少期からしばしば指摘)

41
返信する
匿名

秋篠宮も、翌日の敬宮様のお誕生日会見と比べられるのはきっついだろうなあ。
36歳年下の姪と比べられて惨敗だもんなあ。
敬宮様が変な妨害されなきゃいいけど。
いくらなんでもお誕生日会見を妨害したら目立つから、それはないか。
しかし最近の焦り具合を見ていると、油断できない。

107
返信する
匿名

ナマズは安西家の血筋の人間なので
愛子内親王とは赤の他人ですよ。

姪と呼べるのは清子さんだけなのでは。

54
返信する
匿名

「偽皇族一家の因果応報は向精神薬から始まる」

知的障害を向精神薬で隠そうとしては父子共に赤恥

裏口入学とカンニングで知恵遅れ誤魔化し損ね嘲笑

向精神薬中毒で親子でパーキンソン様錐体外路症状

向精神薬過剰服用で脳に異常発生し息子回復困難に

震える手、グルグル回る目、呂律も回らぬニセ皇族

68
返信する
匿名

欧米だったらキーコって即逮捕レベルの虐待ぶりだけど、 日本って静かに怖いね。

77
返信する
匿名

日本の児相と虐待の縮図みたい。
手が回らないから見て見ぬふり。
最後は責任の擦り合い。

53
返信する


匿名

いくら医師の処方箋があったとしてもですね、文仁も悠仁も健常者に見せかけ、精神異常者として皇位継承順位を飛ばされないように、向精神薬を服用してマスコミ取材の目をごまかすのはどうかと思います。

典範の第三条はこうしたすぐに切れて皇室の体面を汚す精神異常者を継承順位者から排除することに目的があると読めますから、副作用をあんなに出してまで見せかけの健常者を演じるのは酷で、このところ公務先で狂気をみせる紀子も放逐されるべきといえます。

ツクフの同級生や在校生も「あいつ切れるとヤバい」と直感していて、文化祭のカジノでぼろ負け後、上級生にむかって切れまくった悠仁のことをずっと話題にしているのも、各人の自己防衛本能からだから、学校内で友達ができないのはむしろ当然の成行きです。
切れたことで、在校生からの白眼視がきつくなり、登校どころでなくなったのもやはりオクスリの副作用が加わって、ただでさえおかしい頭なのに、より異常な問題行動が出たからでしょうね。

ちゃんとカミングアウトもしないで、悠仁に配慮だけしろといわれても、例えば電車におかしな人が乗ってきて、悠仁が文化祭で引き起こしたカジノ騒動のように、いきなり周囲の乗客に噛み付きだしたら、大抵の人は車両を移動するか、次の駅で下車するか、最悪非常停止ボタンを押すかも知れませんよね。

実際、紀子でさえも悠仁を扱いかねるまでになってしまい、座敷牢を作らせ、収容しだしたのです。
ここの記事でも悠仁による紀子への暴力が問題になっていましたので、座敷牢建設は、紀子や佳子を悠仁の暴力から守るためといえるのではないでしょうか。

身体的成長とともに、母親のいいつけも聞かなくなり、体罰にも反抗し始め、逆に親にまで手を挙げるようになれば、残るは精神病院等への収容か、座敷牢に入れる私的監置しか選択肢はありません。

第三条廃嫡を何より恐れる紀子にとって、精神病院送りはイコール廃嫡を意味するので、対処療法としての座敷牢収容案だけが残ったということですよ。

60
返信する
匿名

>現在では、筑附の授業に全くついていけず、“もっと自分のレベルに合った学校に転校したい”などと弱音を吐かれることもあるようですが、そのたびに、紀子さまは“あなたを筑附に入学させるために、どれだけお金を使ったと思ってるの!”などと絶叫され、“転校など、絶対に許しません”と仰られるようです」(秋篠宮家関係者)

ということは、紀子は自分がやったこと(“あなたを筑附に入学させるために、どれだけお金を使ったと思ってるの!”)が犯罪行為だということは認識しているようですね。お金=税金からくすねた金から賄賂寄附、となるので、違法行為性は認識のうえでやったと。
そこまでリスクを負ったのだから、ツクフ中退は許さないぞ、といいたいことになります。

54
返信する
匿名

>幼稚園から通われたお茶の水女子大附属では、途中で成績優秀な男子が受験で外部に出てしまうこともあり、中学時代の悠仁さまは、男子では上位の成績でいらっしゃった。

いやいや、お茶の水に通っている男子は、一応、幼稚園~中学校の時点でちゃんと試験を受けて入ってきているから、悠仁よりは全員優秀、それに、高校受験があることを承知でお茶の水を選んでいるから、それ相応の受験勉強もしている。
実力はあるが、入試で失敗してお茶の水しか行くところがなかったという子もいると思う。

54
返信する
匿名

そもそもお茶の水もズル入学。
中学受験をする子は小4ぐらいから毎日受験勉強している。
その中での標準レベルが、偏差値50(お茶中男子)。
それより成績優秀だというのか?そんなの誰が信じる?
受験を舐めるのもいいかげんにしろ!

一方、秋篠宮家の坊ちゃんは小4ぐらいでズル入学の準備。
東大のAO入試制度が始まり、お茶の水と筑波大学が提携した(ツクフに無試験入学できる「提携校進学制度」のため)のが2016年で、ちょうど小4の頃。

26
返信する
匿名

一切フェアに生きてこなかったズルと違法行為の塊。
いうなれば穢れの象徴でしかない子に「将来の天皇」
なんて呼び方、とんでもない冒涜でしかありません。

批判されたくなければ、大人しく皇籍離脱すること。
それ以外の弥縫策などは、一切残されていません。
明日の会見できっぱり臣籍降下宣言するべきです。

25
返信する
匿名

外国報道では芹田愛菜の話が出ています。

日皇室傳為「16歲小鮮肉」悠仁親王選妃 蘆田愛菜是理想型

1
12
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です