雅子さまの美貌と気品を世界中が大絶賛!英国の王室関係者からは「秋篠宮家を呼ばなくて良かった」の本音も


文・もっちゃん

地方公務でも大人気の両陛下

今月1日に、3年ぶりの地方公務として栃木県を訪問された天皇皇后両陛下。今回の公務は、悠仁さまの伊勢神宮参拝と日程がバッティングするなどのトラブルもありましたが、それでも悠仁さまの伊勢神宮参拝とは違い、大勢の人々が駆け付け、声援を送られたようです。

天皇皇后両陛下が今月1日、地方公務として栃木県を訪問された。久々の地方公務となる両陛下の姿に、沿道には多くの人々が集まった。

 両陛下にとって約3年ぶりとなった地方公務。一体どのような背景があったのか。

 同行取材をしたテレビ朝日・社会部で宮内庁を担当する遠藤行泰記者はこう語る。

「天皇皇后両陛下が栃木県を訪問されたのは、コロナ禍で3年ぶりに開催された国民体育大会の開会式に出席されるためでした。両陛下揃って現場で地方公務を行われるのは実に2年8か月ぶりです。地方を訪問されると、地元の方が沿道などに集まって歓迎し『密』になります。感染拡大防止の観点から、陛下はこれまでオンライン訪問で地方公務の対応をしていました」(以下、遠藤記者)

 雅子さまのご体調に、国民からも心配の声が寄せられていた。遠藤記者は、公務当日の様子について「元気な様子がうかがえた」と振り返る。

「ABEMA TIMES」(2022年10月18日配信)

また、天皇皇后両陛下といえば、先月9月にイギリスで行われたエリザベス女王の国葬参加されたことも大変な話題となりました。

海外メディアも大絶賛

今回の、天皇皇后両陛下のエリザベス女王の国葬に参加に関しては、世界中のメディアで報道されており、中でもイタリアの新聞「Corriere della Séra」は、両陛下のご様子について「式典と儀礼を尊重することにおいては誰にも負けていない」と称賛の報道を行っていたようです。

9月17日に皇居・御所をご出発、9月20日には帰国される“弾丸ご訪問”となったが、現地でも分刻みのスケジュールだったという。

「イギリスでの日程は非常にタイトで、分刻みだった。陛下が正装安置(エリザベス女王の棺に拝礼)に臨まれることが決まったのも前日のこと。チャールズ国王夫妻が主催するレセプションから陛下がいったんホテルに帰ってこられた時、御髪は乱れ、やや疲れたご様子でした。

 国葬当日、ブラックフォーマルに身を包まれた雅子さまは凛としたご様子を見せられました。雅子さまも参列された国葬当日のバスの同乗者は、国王主催のレセプションの時と同じです。親交の深いオランダのアレキサンダー国王とマキシマ王妃、ベアトリックス元女王も一緒でした。入場の際はブータン国王と王妃が両陛下の後ろを歩いていた。各国の王室メンバーらと交流なさったことでしょう」(宮内庁関係者)

 ロンドンへ到着された両陛下が黒いマスクを着用されていたことは話題を呼んだ。エリザベス女王に対する弔意と、コロナの感染対策への意識のあらわれだったと思われる。だが、国葬会場のウェストミンスター寺院ではマスクを着用されることなく、素顔を見せられた。

 雅子さまはブラックのジャケットとスカートをお召しになり、帽子からパンプスまで、喪に服したフォーマルな装いだった。黒はジュエリーの輝きが映える色でもある。中でも印象的だったのは、雅子さまが身に着けられたブラックのイヤリングとネックレスだ。どちらも大ぶりなデザインで、ジェット(黒玉)のように見える。雅子さまのシンプルなジャケット姿をその場にふさわしく、シックに演出していた。控えめながら、皇后陛下としての貫禄を示された。

エリザベス女王の国葬は世界中で大きく報じられ、イタリアの新聞「Corriere della Séra」では参列した各国の王室メンバーのファッションを取り上げる中で日本の徳仁天皇と雅子皇后について言及し、「式典と儀礼を尊重することにおいては誰にも負けていない」と述べている。

「文春オンライン」(2022年10月18日配信)

このように、海外メディアで、雅子さまのファッションやご振舞いが絶賛されていることに関して、ニュースサイトのコメント欄では、「誇らしい」といった意見や「雅子さまなら当然だ」といった感想などが書き込まれています。

もともと雅子さまはハーバード大学を栄誉学位をもらって卒業したほどの素養という面では文句のつけようもないお方です。ファッションセンスもシックで素敵だとは思いますが、外面よりも内面の高貴さと聡明さに注目すべきだと思いますよ。勝ち負けを超越したオンリーワンの価値を持つ方だと思いますね。この方と張り合おうとしている者が約1名いるようですが、比較にもならないからやめたほうが良いと思う。今後とも体調にお気をつけながら頑張っていただきたいと思う、応援しております。

日本が誇る令和の両陛下が海外でも絶賛されていて、一国民としてとても嬉しく思います。雅子皇后の苦労されてこられたことは幼少期から知っており、私自身皇后になられた時と愛子さまが成人に成られた時涙が出ました。ここまで国民が想いを寄せているのはひとえに、両陛下が国民に心を砕いて下さってるのが伝わってくるからです。両陛下の仲の良さが夫婦の理想であるお互いを支え合うスタイルで尊敬出来ますし。また愛子さまの教育方針や家族での公務でも親としての表情をみせられ、より一層国民が親近感を抱いたと思いました。両陛下がこれからも御健康で、愛子様の公務のお姿を是非みたいです。

愛される天皇家と、嫌われる秋篠宮家

世界中で絶賛されている雅子さまですが、今回のエリザベス女王の国葬参加に関して、ある宮内庁関係者は次のように語ってくれました。



「慣例としては、こうした国葬参加に関して、天皇皇后両陛下ではなく、皇太子ご夫妻などが参加されるのが一般的なのですが、今回、イギリス王室側は、エリザベス女王と両陛下との間柄を考慮し、“天皇皇后両陛下をお招きするのが良いのではないか”と判断して、招待することとなったようです。

また、国葬終了後のレセプションでも、英国の王室関係者の多くが、口々に“やはり天皇皇后両陛下にお越しいただいて、正解だった!秋篠宮家ではこうはいかなかった”などと語っており、結果として、秋篠宮家との格の違いがより明確となったように思えます」(宮内庁関係者)

皆さんは、世界中から絶賛される天皇皇后両陛下と、嫌われ者の秋篠宮家との違いについて、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

17 COMMENTS

匿名

戴冠式もよろしくお願いします、英国さん!
日本では皿が天皇陛下の前立腺の検査をリークさせて、
「両陛下を戴冠式に行かせない妨害工作」を始めております。

196
返信する
静岡バラック出身のキコへ

アホのバカップルが行けば、日本の恥をさらすことになります!!
英語どころか日本語もロクに理解できない二人・・・

179
2
返信する
匿名

誰が何と言おうと、紀子妃が妬もうと
招く側の御本人であるチャールズ新国王が
戴冠式に天皇陛下皇后陛下を望まれています

コロナ禍でさえなければ 今更ながらだが
エリザベス女王陛下が御健勝で御存命なら
ぜひ、 雅子皇后陛下と敬宮愛子内親王に
お会い頂き、チークキス、ハグをして頂き
励ましのお言葉を頂けたらと残念に思います

女性でも25歳から70年間も英国王室を
導かれたエリザベス女王陛下にお会いして
励まされる事は何よりよりもの財産でしょう

英国新国王に戴冠式に天皇陛下皇后陛下が
お出かけになることは海外皇室外交の復活

御無理のないよう欧州の各王室国にいかれ
令和の日本の皇室外交をされますように!

152
返信する
一般人の感覚

雅子様はハーバード大を卒業されて外務省にお勤めされ、国際経験は豊富!

まさに、才色兼備!

こーゆー方が皇后として相応しいのです!

一方、母校を三流と言って息子を難関高校へ裏口入学させて成績を最下位にさせる毒母が次の皇后になるなんて、国が破滅します!

マザームーンと同じです!

170
2
返信する
匿名

鬼子母神❓️

鬼子母神は最後に改心して、「子どもを守る神」になったけど、紀子さんは鬼のマンマだね。

55
返信する
匿名

国葬も、戴冠式も、相手国の悲しみに寄り添いつつも
権威付けに協力することで、お互い友好を確認し、
新たな王室の船出を祝福することを通じ、両国民が相手国
を理解する機会であるととらえます。

そこに国を代表してお出ましになられる方は、公平無私の
立場から、儀礼にのっとり堂々と振る舞っていただくこと
が期待されるのです。

もしここに紀子なんぞが登場していたら、式次第は記憶で
きない、英語は下手でろくな挨拶も、交流もできない、
その上、次は悠仁だとこれまた痴漢息子を押し出してきて
どんな粗相をしでかすかもわからない状態でした。

悠仁のブータン王女への強制わいせつ行為など、本来なら
その場で父から斬り捨てられても仕方のない狼藉ですが、
肝心の父までが、高総文で女子高生の生足と胸を盗撮では
もうどうにもこうにもならない性悪偽皇族一家となります。

107
返信する


匿名

「また、国葬終了後のレセプションでも、英国の王室関係者の多くが、口々に“やはり天皇皇后両陛下にお越しいただいて、正解だった!秋篠宮家ではこうはいかなかった”などと語っており、結果として、秋篠宮家との格の違いがより明確となったように思えます」(宮内庁関係者)

英王室のどなたかが、わざわざ宮内庁から同行の高官の方に、忌憚のない感想を述べて下さっていたのですね。

国葬に呼ばれたくてムズムズしている見て子、紀子、岸田の三者が、何とかして両陛下を渡英させまいと足を引っ張り合、とりわけ紀子に至っては、高校裏口入学と盗作で世界中に報道されたあの醜態児悠仁の参加を、駐日英国大使に直談判に行くなど、諸外国のなかでも突出した皇室内のドタバタぶりをさらけ出してしまいました。

これだけでも大国辱でしたが、雅子さまの凛としたたたずまいと、機転の利いたやりとりが、そうした皇室全体への悪いイメージを吹き飛ばし、このような相手国王族からの謝辞となって返ってきたことを拝見し、やっと安堵しました。

戴冠式には必ず敬宮さまも同行されますよう、英王室からは招待者名入りの招待状(両陛下と敬宮さま御三方限定で)をお出しくださるよう、もしここを読まれていたら、どうか国王に御内奏下さい。
とてもよい記事でした。

110
1
返信する
匿名

紀子に特徴的なのは「承認要求」の突出です。

偽皇族の夫ゆえなのか、出自調査拒否したまま、強引に皇族になった自分のせいなのか、はたまた精神薄弱でも痴漢だけはする息子のせいなのか、とにかく相手が権威者とみるや、自分たちを次の天皇とみとめろ、息子を跡継ぎだと確認しろとの、迷惑極まる要求の連続なのです。

裏返せば、もし騒ぐことをやめればいつ改易・廃嫡になるかもわからないとの後ろめたさの証明でもありますね。

いまやスキャンダル女優ばりに、どんなに週刊誌にネガキャン記事が出ようが、ひたすら忘れ去られたくないとの要求に生きる渦中の女となった点で美智子そっくりなのです。

英国女王の国葬に関する押しかけ行動もまた然りでした。
よほど夫と美智子のDNA母子鑑定に怯えているのでしょう。
英王室のみなさま、お恥ずかしい偽皇族の内情に驚かれたことでしょうが、雅子さまの素晴らしさがそれをも穴埋めしてくださったようで、今後も偽皇族の”弟”(母方従兄弟)一家らへは完全無視、戴冠式へも参加拒否でお願いします。

90
返信する
野萩

皇后陛下のファッションセンスは比類ないものですよね。国際儀礼も理解しておられるので、TPOに沿わない服装をなさることもない。両陛下の国際交流は日本の誇りです。花嫁でもないのに結婚式に白ドレス・ヴェールを着ていく頭のおかしい元皇后とは大違いです。
戴冠式は国際儀礼的には皇太子格の参列だそうですので、海外から皇太子として認められている敬宮殿下の参列を期待します。

76
返信する
匿名

秋家なんて呼んだら
イギリスの恥。

秋家なんて送り出したら
日本の恥。

絶対やめて!

87
返信する
匿名

さすが、海外の識者はちゃんと見極める目をお持ち。
それに比べて、日本の政府は、自分達の事しか考えていない感が。
愛子様、どうか日本を救って下さい。

54
返信する


幸ちゃん

精神分裂病の雅子がまた国葬の場でヘラヘラしながらお手振りしてたな。恥知らずな創価学会婦人部は黄色い歓声をあげて顰蹙買っていたし。この呪われた不可触賤民の天皇家を持ち上げる連中も同じアウトカーストだろう。愛子は徳仁の胤で悠仁を5歳で出産!( ゚д゚)

はよ暗殺されろ

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です