NYで小室夫妻の盗撮映像が続々流出!眞子さんはお腹がパンパンで妊娠疑惑が濃厚に!真っ赤なドレスで闊歩する姿も


文・もっちゃん

小室圭さん、3度目の正直なるか?

今月7月に、小室圭さんは3度目のNY州司法試験に挑戦します。今年2月に受けた2度目の試験では、「合格点に僅か5点足りずに不合格となった」などとも、報じられているのですが、果たして、3度目の試験はどうなるのでしょうか?

こうした状況で、「週刊文春」(2022年7月7日号)は、小室圭さんの3度目のNY州司法試験に関して、興味深い事実を報じています。記事によると、なんと2月試験の再受験者の合格率は、僅か18%程度であるとか。

NYで夫婦として一心同体の生活を送る二人。そんな中、圭さんは目下、国際弁護士資格を目指してNY州司法試験に挑戦中だ。今年二月の試験で二度目の不合格を喫したため、七月二十六日、二十七日の両日に行われる試験で三度目の挑戦をすることになる。

「二月試験の結果が発表された直後、圭さんは、日本での勤務先で、フォーダム大留学を支援してきた奧野総合法律事務所の奧野善彦弁護士に電話で『(合格には)五点足りなかった』と報告していた。合格最低点は二百六十六点。二百六十一点だったとすれば、惜しかったと言っていいでしょう」(法曹関係者)(中略)

NY州司法試験協会の公式サイトによれば、一〇年以降、全体の合格率は二月試験よりも七月試験のほうが高い。あと五点だったこともあり、今回はチャンスが大きいと言われてきた。

 ところが――。

 現実は決して簡単ではない。「初受験者」と「再受験者」を比べると、数字が大きく異なるのだ。

 例えば、昨年の七月試験。初受験者の合格率は七八%だったのに対し、再受験者は僅かに一八%だ。しかも再受験者に限ってみれば、一〇年以降、新型コロナで特殊な条件だった二〇年を除き、二月試験より七月試験のほうが合格率は低く、近年はほぼ二〇%台で推移している。

「米国では五月にロースクールを卒業した学生が七月に受験するのが一般的。そこで失敗した学生が二月試験に臨み、それにも落ちると、七月に三回目の試験に挑戦することになる。つまり七月試験の再受験者は、今回の小室さんと同じ立場であることが多いのです」(前出・法曹関係者)

「週刊文春」(2022年7月7日号)

3度目も不合格なら、解雇の可能性

また、仮に、小室圭さんが3度目の司法試験にも不合格となった場合、いよいよ勤務している法律事務所から解雇される可能性も出てくるようです。

現在の年収は、二千万円超と見られる圭さん。これは、ローウェンスタイン・サンドラーでの弁護士の初任給だ。この高収入は、眞子さんとの結婚の“大前提”となるものだった。

「納采の儀こそ行いませんでしたが、二人が昨年のうちに結婚できたのは、圭さんの弁護士としての就職先が決まったことで、眞子さんの元皇族としての品位を保った生活が可能だと判断されたから。つまり、圭さんの弁護士としての収入があってこその結婚だったのです」(宮内庁担当記者)(中略)

「折しも、ビザの切り替え時期は合否が出る直前の十月一日です。小室さんは現在、就労ビザ『H-1B』の取得手続き中と見られ、切り替えまでは学生ビザの延長措置が適用される。このビザは就職先が当局に申請するものです」(同前)

 だが、米国の大手企業調査サイトによれば、NYでのロークラークの平均給与額は約七百九十万円とされる。もし三度目の試験に落ちれば、事務所側はこのまま二千万円を超える給与を支払い続けるだろうか。

「就労ビザを申請したとしても、三度も落ちれば、普通は解雇です。そうでなくても、給与額など契約内容は見直すのではないか。そもそもNYでは『at will(随意雇用)』といって、雇用契約はいつでも解除できることが殆どです」(前出・法曹関係者)

「週刊文春」(2022年7月7日号)

眞子さんに妊娠疑惑

ところで、現在、お2人に関してネット上で、密かに話題となっているのが、盗撮映像の流出で、最近では、お2人が揃ってお出かけすることも多いようで、その姿がNY現地で活動するユーチューバーなどに撮影され、ネット上にアップされる機会も増えているようなのですね。

そうした中で、特に注目されているのが、眞子さんの張り出たお腹です。これまでにも、妊娠説が囁かれてきた眞子さんですが、明らかに、お腹が出ていることが確認できます。

眞子さんの妊娠疑惑に関しては、今年4月に、「デイリー新潮」が次のように報じています。



圭さんの司法試験以外はある程度、見通しが立っているようなのだが、ここに来て持ち上がってきたのが、「眞子さんがニューヨークの病院へ通院されている」という情報だ。

「眞子さんがニューヨークの大学病院へ複数回出向いたと聞きました。可能性は3つあると思われます」

 と、先の外務省関係者。

「まずはどなたかのお見舞い、次にご自身の受診。渡米前に複雑性PTSDであることが明らかにされましたから、その治療に関するものやそれ以外の何らかの疾患が想定されるでしょう。あとはご懐妊に関連したことですね」

 先の記者によると、

「眞子さんは30歳までに結婚したいということをかねて言ってきました。それは日本人女性の平均初婚年齢であると同時に、お子さんを2人、可能なら3人は授かりたいという思いがあったからだとされています。その意味では、お子さんをそろそろと考えるのは自然のことだと感じますね」

「デイリー新潮」(2022年4月21日配信)

物価の高いNYで妊娠出産となれば、またしても多額の費用がかかることは間違いありません。これまでも度々、経済的な問題について報じられてきた小室圭さんですが、7月の試験でも不合格となり、法律事務所から解雇されてしまった場合、いよいよ経済的に窮地に立たされることとなりそうです。

また、先の映像の他に、眞子さんが派手な真っ赤なドレスを着て、小室圭さんと仲良く手を繋いで街を歩いている姿もネット上で公開されているようです。

「月刊テーミス」では、1日の生活費が5万円にも達していると報じられている小室圭さんと眞子さん。皆さんは、果たして、お2人が今後も経済的に破綻せずにNYでの生活を続けていけると思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

18 COMMENTS

匿名

生活能力ゼロ・NY負債にガキが出来ちゃった?
税金に寄生する奴が又、一人増えやがった。
賤民・川嶋、反社・角田(小室)、露出狂・栗原
と、一般家庭でも、親に結婚を反対される奴らの
次の、そして、次の世代も、国民に寄生するのか
やはり、稲川●系・キリスト教徒・一本眉を皇室
に入れたのが間違いだった、今さら、もう遅いが。
最近、今上天皇の本当の母は一本眉ではないと
いう説が有る。近いうち、アレが、四んだ時
拒んでいたDNA検査をして、全て明らかにすべき。
敬愛されないニセ皇賊は追放!
悪事を働いた者は全員逮捕!
●人に関わった、ナマズ負債と角田圭与は●刑!
それにしても、NYに似合わない負債、もう無理。

143
1
返信する
匿名

高輪の屋敷に住むンだわ。
ママと角田のおじさんたちも一緒で賑やかになるンだわ。

4
62
返信する
匿名

祝懐妊。
これで名実共に反社一族のマフィアンJr.が誕生したわけで、M子も後戻りできなくなるからいいことだ。

乳飲み子を抱え、アメリカのコリアンタウンに身を沈めるのが母親の出自相当で本来のあるべき姿だよ。
紀子は、碍児で裏口息子の代用品をM子の息子に期待しようと、皇統を文仁に簒奪させた後に女系に法改正させる気でいて美智子も悪巧みの共犯者とされる。

しかし「反社の子」では、掘れば掘るほど埃しか出てこないので、皇籍復帰など絶対に不可能。
一部アキシンがいうところの婚姻無効論、婚姻錯誤取消論も子どもができた時点できれいに吹き飛ぶ。

105
返信する
匿名

皇族って、その存在が尊いのではなくて、なんだか辻褄合わせのような生活を宮内庁が面倒見て成り立ってるだけなんですね。あ、さらに元ですし!

78
2
返信する
匿名

脂肪吸引をしたと前に記事に書いてありましたが、いつか整形をしたときの後遺症はありますね。ガンや脳梗塞とか病気になりやすいと思います。数年経って、いじった部分がガタガタになり、メンテナンスを何度も繰り返さなければどうにもならなくなるんじゃないですか?いじったって、自己満足だけで、他の人から見たら同じじゃないかと?時間とお金の無駄ですね。芸能人じゃあるまいし。それなら顔を整形した方が見やすくなるかも。テレビに出るんだったら良いかもしれませんが、普通ならしないです。それも元皇族とその配偶者が整形するなんて今まで聞いた事がないです。前代未聞。やっぱ、人間は中身で勝負しないとですね。

65
返信する
匿名

馬も鹿も若い頃から整形していますし、年々顔が変わりすぎて昔と面影がないですよ

52
返信する
匿名

容姿の事なんかどうでも良い。
問題は金の動きと不正や横領です。
それ以外のことに注目するのは無駄なことではないかな。

73
返信する


匿名

生活能力もないのに子供なんて。
結婚することでさえ相応しくないのに。
こんなバカップルの間の子供なんてかわいそうだ。
複雑性PTSDということになってる母親と詐欺師の父親。
ダミアン小室の誕生になってしまうじゃないか。

67
返信する
匿名

いえ、すごい生活能力を持っていると思いますよ。一般人になっても、億単位の援助を受けられるんですから。

28
1
返信する
匿名

自力で努力してのの生活能力が、ない ですね。
確かに 人にたかって、生きる能力は、二人とも最強。
ふたりの母親たちゆずり。

27
返信する
匿名

〉容姿の事なんかどうでも良い。
問題は金の動きと不正や横領です。
それ以外のことに注目するのは無駄なことではないかな。

別に私だって容姿の事はどうでも良いと思ってますよ。ただ脂肪吸引にお金をかけるくらいなら元から顔が良い訳でないので顔を整形した方がと例えただけで。特に皇室に関心のない人達がここのサイトのコメント欄を書いているのを読めば書いている人達を皆、無駄な事だと思うのかも。私を含めてww

23
返信する
匿名

日本国政府は、この夫妻に対して、手が出せないのではないでしょうか?
それどころか、支援、支援、支援を続けるつもりなんでしょう。
この夫妻、まったく、のぼせ上がりやがって。

38
2
返信する
匿名

>日本国政府は、この夫妻に対して、手が出せないのではないでしょうか?

自分もその一点だけが本当にわからん。法的、常識的にまったくありえない。
例え陰謀論となじられようと、ありえないことが現象として存在する以上何かはある。
そもそも、大概陰謀論乙といわれる案件は現象自体なかったり、現象に対する分析が間違っていた李するものだしね。そういうところを懐疑的に考えても本当におかしい。

となると、政府および官僚が本格的にド低能であるか、
政府および官僚が従わざるを得ない事情があるかの2択でしかないと考えざるを得ない。

前者ならはっきりいってこの国はもう終わり。有事があれば絶対に亡国するレベル。
後者の場合、要は皇室がらみの犯罪的案件があって脅迫されているってことやろなと。

ま、どっちみち、この国が終わってしまったことを十分に示唆してると思う。
腹立たしいし、残念すぎるが。

33
返信する
匿名

「政府および官僚が従わざるを得ない事情があるか」

平成4人組とその一派を特別扱いせざるを得ない理由は、そこに有ると思います。
ここまで隠されると、こちらも妄想マックスですね。
私の妄想は、キューブリックの遺作『アイズワイドシャット』の完全会員制の仮面舞踏会。
主催者側があの人達で、会員名簿にはセンセイ方のお名前がビッシリ…とかね。

24
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。