小室圭さん「政府が情報をくれるから必ず勝てる!」虚偽情報で眞子さんを説得し、軍資金ゲットか?投資家転身の手段がヤバい


文・もっちゃん

小室圭さん、投資家へ華麗なる転身?

NY州司法試験に2度不合格となり、学生ビザによる滞在期間も終了を迎える小室圭さん。すでに崖っぷちの状況にあるのではないかとも噂される中で、「女性セブン」(2022年6月9日号)は、小室圭さんが、「E-2」というビザを取得するため、投資家に転身するのではないかと報じています。

現在、小室さんは学生ビザの延長措置の『OPTプログラム』を利用して、眞子さんはその配偶者ビザで滞在しているとみられている。しかし、小室さんのビザは早ければ5月中にも失効する。冒頭の“事情”とは、ビザ切れの強制帰国を避けるためのもの。

「小室さんは、通称『投資家ビザ』と呼ばれるビザを取得しようとしているそうです。申請はオンラインでできますが、取得には面接というハードルがある。そのために一時帰国しなければならないのです」(外務省関係者)

小室さんが取得を目指しているとされる「投資家ビザ」は「E-2」という種類のビザ。「投資駐在員ビザ」とも呼ばれ、経営者が自ら投資を行って、アメリカで起業をする際に必要なビザだ。有効期間は最長5年間。また、事業が存続する限りビザの期限も延長される。

「女性セブン」(2022年6月9日号)

ビザ取得でも皇室特権

この「E‐2」ビザは、アメリカ国内で自ら投資を行う起業家が取得するビザですが、問題は、開業資金と、事業成功の見通しのようです。ただし、この2点に関しては、元皇族の眞子さんの配偶者ということでかなり甘い審査が行われるのではないか、とみられているようですね。

「E-2」の申請は日本にある米国大使館で行う。ビザが発給されるのに必要な要素は大きく分けて2つ。1つは『事業計画』で、そのビジネスが成功すると大使館が納得できるだけの、判断材料をそろえる必要があり、事業内容だけでなく、オフィスの不動産契約、会社設備や備品の準備のめどなど、具体的な実現可能性が求められる。もう1つは「資金」。自らの事業にどれだけお金を投入できるかが問われる。大使館は、過去の事例を参照して、厳格な審査を行う。

 小室さんの場合を考えてみよう。彼を支えるのは、ほかでもない、元皇族の眞子さんである。

「『E-2』には、明確な審査基準があるわけではありません。大使館は、あくまで過去の事例に照らしながら、事業内容と投資額を相対的に考えて成功の可能性を見極めていると思われます。小室さんの場合、事業を後援するのが眞子さんであることは明らかです。計画の内容にかかわらず、元皇族のコネクションが秘める可能性を加味することは充分に考えられます」

 以前は、母・佳代さんの「400万円トラブル」の解決に窮した小室さんだが、結婚後ならば、眞子さんの資産が“軍資金”になる。

(同前)

本来、事業の継続性など、厳正な審査を経なければならないはずなのですが、なぜ眞子さんの配偶者というだけの理由で、審査が甘くなるのでしょうか?ある皇室ジャーナリストは、次のように理由を説明してくれました。

「もちろん、通常のビジネスであれば、眞子さんの夫というだけで、劇的に成功率が上がるという事はありません。ですが、政府などから仕事の依頼を受ける場合は別です。

例えばですが、小室圭さんが現在勤務しているサンドラー法律事務所は、小室圭さんを雇い入れる際に、日本政府と秘密裏に契約し、通常よりも有利な条件で日本政府が発注する仕事を受注できるようになりました。



通常であれば、ビジネスを立ち上げれば、収益モデルを確立させるのはもちろんのこと、とにかく顧客を見つける必要があるのですが、この点、小室圭さんは、元皇族の眞子さんのコネクションを活用して、最初から政府が顧客となってくれるのですから、成功する確率が高いと判断されるのは妥当なことと言えるでしょう。

もちろん、小室圭さんは、2度目の司法試験にも不合格となっており、現在弁護士の業務に従事することはできないのですが、実のところ、NY州弁護士の資格さえ獲得してしまえば、一定期間経験を積んだ後に、政府からのサポートを頼りに、いつでも独立開業が可能なようです」(皇室ジャーナリスト)

もはや、結婚詐欺状態の小室圭さん

果たして、小室圭さんがどのような投資やビジネスを行っていくのか、気になるところではありますが、どうやら、そのための資金は、全て眞子さんが用意することとなりそうです。先の「女性セブン」の記事では、次のような宮内庁関係者の言葉が紹介されています。

「眞子さんは、皇族だった30年間で、単純計算で少なくとも1億円以上の金銭を得たでしょう。さらに、親族から結婚生活への支援があっても不思議ではありません。例えば、初孫の眞子さんを心配された上皇ご夫妻が、お祝い金としてある程度まとまった金額を渡されたとも報じられました。内廷費からは御手元金として年間最大1800万円を、国会の議決を経ずに支出することができます。

 小室さんは、眞子さんの資産を握りしめて投資家になる算段なのでしょう」(宮内庁関係者)

(同前)

こちらの記事では、「小室さんは、眞子さんの資産を握りしめて投資家になる算段なのでしょう」とありますが、いくら小室圭さんを信頼しているとはいえ、果たして、なぜ眞子さんは、皇族時代に30年かけて貯めたお金をそんなに簡単に預けてしまったのでしょうか?

「どうやら、ここにもカラクリがあるようですね。というのも、実は、小室圭さんは、眞子さんからお金を借りる際に、“自分は、政府から特別な情報を貰えるから必ず勝てる。いま眞子の貯金している1億円を俺に預けてくれれば、1年後には、2倍にして返せる”などと騙してお金を受け取ったようですね。

とはいえ、実際には、小室圭さんはあっという間に、この1億円のうちの半分の5千万円ほどを溶かしてしまったようで、眞子さんは、現在、学生時代の友人らに、“圭君に騙された”と愚痴っているようです。

まあ、眞子さんも皇族として30年間過ごしてきたこともあり、かなり世間知らずですからね。今回の損失で勉強して賢明になっていただければ良いのですが」(前出の皇室ジャーナリスト)

もはや、ほとんど結婚詐欺師のようになってしまっている小室圭さん。すでに、投資の損失は5千万円に上るとされていますが、皆さんは、果たして、小室圭さんが、約束通り、元の資金を2倍にして眞子さんに返せると思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。



ご拝読ありがとうございました。

26 COMMENTS

匿名

皇室の権威を傘に着てインサイダー取引やったら大問題です。こんな本来あり得ないけどね。
小室圭だったら匂わせることもあり得ます。

90
返信する
匿名

笑っちゃいけないけど、こんなバカに日本国中が翻弄されています。
特に、有識者と呼ばれる自称インテリ層が、なぜか、このバカの言いなりになっているように見えます。
まあ、KKにとっては、世間知らずの自称インテリを騙すくらい、朝飯前でしょうが。

96
返信する
めがね猫

「政府が情報をくれるから必ず勝てる!」
「たとえ 損失を出しても 政府が補填してくれる❗️」
「万が一 儲けが出たら、全部俺のもの‼️」

そりゃ、どんな危ない投資でもやろうと思うよ。

でも、犯罪だし、公金横領だし、詐欺だし…これが秋篠家の当たり前なかな。

だから、コムロシは強気(そっちの方が横領額は多いだろ! それに、他の秘密だってあるしな❗️)でやってる。

それでも、政府が護るってことは、○倍○三や菅○○や岸田○○…も同じような事をしているってことかな❗️❓️

71
返信する
匿名

この自称有識者というのが問題で、
テレビ新聞の情報を鵜呑みにするのが大半。発信側も、独裁国なみの情報統制がかかっているのになんの疑問を持たないのかが正直怖い。確かにここも含めて(笑)、情報の真偽には眉唾があるかもしれないソースもネットには多いですが、問題提起としては十分な意義があるし、もっと疑念をもって、議論することこそが必要なんですがね。マスゴミさんがなんせもりかけであんだけ騒いだのが、「健全な民主主義」らしいですから、この一家の疑惑はもっと騒ぐのが当然ではある(笑)

返信する
匿名

ミテ●が川を渡れるまで
こんな状態が続くのかな...

最近、皿が池●大作(もう居ない?)
又はナベツ●の様に思えてくる。

64
1
返信する
匿名

投資の世界は1割の勝ち組に9割の負け組みが食われるのが現実だと思います。
一攫千金を夢見て家を担保にお金を借りて取引をし家までなくした人の話もあります。
小室圭は常に見果てぬ夢を追う人。
何もかもすべてが中途半端で一向に眼が出ないのも親族に自殺者3人も出している事の因果関係もあるのかもしれないとも思います。
皇族に近づくというのも並の神経ではなく、眞子さんも似た者同士として同意したのでしょう。
「真実の愛」って笑える(この本も売れなかったようだけど)
 政界者の誰がどの株が上がるか知っているのでしょうねぇ。
政界の者でなくともネットで検索すれば、この株が上がります情報は
あるけどそんなものも信用しないのが身のため。
小室圭が専業トレーダーとして成功も無理は明らか。
勝ち方教えます詐欺にひっかかり騙されるのかオチかも。
何千万さえすぐに消えうせますよ。
一攫千金を夢見るなら何百、何千万もつぎ込めば一瞬にして水の泡として消えうせます。

67
返信する
匿名

一般人なのだからどうぞ御勝手に。
でも損失補填だのといって政府や皇室には一切集らないこと。これが自由の身になるときの約束事でした。

離婚しても眞子に戻る場所はありません。
文無しになって、縋る場所は川島の実家か、安西家かだけです。
安西ゑみ子さんが受け入れてくれるならばそれもありですが、たぶん望み薄でしょう。だって、お母さんの浮気の子では、安西家としても面倒見る筋合がないですからね。

56
1
返信する
一般人の感覚

『小室さんは眞子さんの資産を握りしめて投資家になる』

じゃあ、3回目の司法試験は受けないのかな?

2回も落ちている人間が、他の事(投資)なんてやっている余裕なんて有るのでしょうか?

これで小室圭は”マーティン奨学金を貰って唯一弁護士になれなかった男”として米司法界に汚点を残しましたね!

しっかし、これだけお膳立てしても何1つ成し得ないダメっぷりを発揮する方も希少ですね。

67
返信する
匿名

これでここの法律事務所から日本のおかしな元皇族と結婚した一般人の悪い噂が拡散されていくことでしょう。あいつは優秀だということで奨学金をもらってたのに、大体の受験生が受かる司法試験に2度も落ちている、どういうことだ?ってね。

35
返信する


一般人の感覚

『自らの事業にどれだけお金を投入できるのか?』

資金のメドは立ってます。

日本国の税金です!

50
返信する
匿名

世間知らずの妻(またの名を金づるという)を騙すのは、いとも簡単。

KK「大丈夫、僕に任せておけば、君を幸せにしてあげる。」
M子「まあ、あなたって、頼もしい。いいわ、いくらでも。パパに頼んであげる。」
KK(嘘つきは泥棒の始まり、とはよく言ったものだ、アハハハ)(ニヤリ)
M子「なぜ笑うの?」
KK「君がかわいいからだよ」
M子「それじゃ、今夜イイコトしてくれる?」
KK(これも仕事だ、金のためなら仕方がない)「もちろん喜んで。君だけのために」

(注:これはフィクションであり、登場人物も実在しません)

32
1
返信する
匿名

「あいつは本当に優秀なATMですよ」
と言ってはマコに金を持って来させていた銀行員時代から、今の姿が予測できた筈なのにね。

日本政府が率先してダメ男に利益誘導しているようでは世も末ですね。

52
1
返信する
匿名

こんなバカが、投資家になれるわけないだろ。
日本語であれ、英語であれ、書く文章読んだって
頭の悪さが、わかるだろ。
詐欺でも程度の低い詐欺師さ。
だませるのは、頭の弱いA一家だけ。
近づいてくるのは、こいつを利用しようとする輩。
お金じゃんじゃん溶かすぞ。

49
返信する
匿名

秋篠はもう廃人、垂れ流しと妄想・幻覚で人として終わっている。
マコムロはニューヨークでアホな実績を山ほど晒し(これは日本では晒せなかった)、いずれ帰国。
悠坊は知的障害で、いずれ退学。
キコはうつ病とヒステリー、被害妄想でドロップアウト。

赤坂の新居は「秋篠一家の精神病棟 兼 小室の収監場」になる運命か。
やれやれ。

43
1
返信する
匿名

KKさんのやっていることは、猫には真似できない。したがって、そこそこに脳みそはあるらしい。

KKさんのやっていることは、普通の人なら絶対にやらない。したがって、猫並みの脳みそらしい。

そのことから推測して、A宮家一族の人々の脳みそは、ネズミさん、かな。

23
返信する
匿名

A宮家一族、本能のみで、生きているようにみえるよ。
頭ん中、脳みそは、ほとんどなくて、脳幹だけかもね。
性欲、食欲とかが、存在するのみ。
犬、猫のほうが、ずっと賢い。
KKやA宮家一族は、
盲導犬や聴導犬みたいな人の役に、たつことはない。
存在自体が、邪悪。早く消えてほしい。

11
返信する


匿名

鎌倉の寺の三畳一間を借りて、履物商を境内で営んでいたと週刊誌が報じたKKの祖母。銭湯で知り合ったとかいう教祖とは昵懇で、鼠教信者に一家でなった。

その信仰の甲斐あってか、祟りなのかはわからないが、KKが生まれる。KKは、A宮家が偽者であり、AZ家の息子が実子として貰われ、皇室に入り込んできただけの完全なる偽宮家だと知らされ、この情報を楯に、最大限の金を政府から引き出すことに成功してきた。
それゆえ、ここで投機につかわれる金とは、もともとあぶく銭であり、国民からすれば血税でも、KKからみれば口先三寸でかすめとった口止め料なのである。

前の記事への投稿で、KKが外務省の助言に対して「シャラップ!」と英語で高飛車に出るとあったのも、いいか、自分は皇室を転覆させるだけの情報や証拠を握っているのだからお安く見るなよ、と虚勢を張るチンピラの啖呵として聞こえてくる。

記事でわかることは、KKはどうやら単独で外務省関係者と交渉しており、M子は蚊帳の外のようである。
だからあっさりM子はKKの口車に乗せられてしまった。おつむの弱い子とはそんなものである。
裏口入学で話題沸騰中の人工内耳の白痴息子をみても、あの家にろくな子はできないだろう。

39
返信する
匿名

例えばですが、小室圭さんが現在勤務しているサンドラー法律事務所は、小室圭さんを雇い入れる際に、日本政府と秘密裏に契約し、通常よりも有利な条件で日本政府が発注する仕事を受注できるようになりました。

本文中に、上記の記述がありますが、日本政府、こんなことしてて大丈夫?
法律事務所も日本政府も、全く信用できない。
なぜって、全部KKのためにやっているからです。なぜここまで卑屈になる?

政府はKKをヨイショすることで、A宮家に恩義を売っている。A宮が次期天皇になった暁には(ズルヒトでも同じことですが)、政府は宮家から恩恵を受けることになる。と考えると、犯罪で言う動機があることが分かる。
では、政府は(多分、与党は、としても同じだと思う)宮家から一体どんな恩恵を受けるんだろうか?謎だ。政府が受ける恩恵に関する推測が立てられない以上、「政府は宮家から恩恵を受ける」という仮説は間違いということになる。
けれど、おそらくは誰の目にも明らかなように、政府はKKを、つまりA宮家を守ろうとしている。
だれか、教えてくれ。

29
2
返信する
匿名

政府や国家議員は、皇室をつついても何の得にもならない、いや返って皇室信者の高齢者の票を失う事になるから、「触らぬ神に祟りなし」状態。

「馬鹿と鋏は使いよう」と、ハイエナ官僚、ハイエナ企業、NPO法人、○嶋一族などが、A宮家に飴を与えて暴利を貪っているらしい。

信頼性の高い情報を得たいなら、小室○代を告発した、ジャーナリストの篠原丈一郎氏のYou Tube配信がお勧め。

26
2
返信する
匿名

>匿名さん

政府は”国民のため”の皇室なんて必要ありません!

“自分たち(政府)が扱いやすい皇室”が必要なのです。その条件は無能である事!

秋篠宮家が困って困って仕方ない状況の方が貸しが出来て有り難いのです。

23
2
返信する
匿名

まともに働くのが馬鹿らしくなる!
まともに勉強するのが馬鹿らしくなる!
金、金、金!!!

24
返信する
匿名

それでも庶民は、まともに働き、まともに勉強するんです。
あんなふうに、ならないように。

23
返信する
匿名

今、仮に皇室が無くなったとする。
日本は困るか?
政府は困るか?
政治家は困るか?
困らないよね。だったら、さっさと税金バクバク食い尽くす宮家を外したらいいと思うよ。
1国民として、天皇様には日本の象徴として、このまま堂々としていて欲しい。

23
返信する
異常

正気でない人間がいかに多いことよ。

世間でもまともでない人間は多くて、年々増える印象があるけど、とくに皇室には集中しやすいな。

こいつらのやっていることは、まともに反論するのが馬鹿らしくなってくるほど、異常すぎるよ。

16
返信する
匿名

投資の件、小室に騙されたと眞子さんは言うけれど…もう最初の出会いから彼には騙されてるよ笑。
お嬢様と言えど聡明な方はこの世には沢山いらっしゃいます。眞子さんが絶望的にオツムが弱かったと言うだけ。
小室にお金をもたせても増える事なんてないのにね。持たせてもいけない。彼は浪費家。
暗○される前にもう祖国韓国に帰り母親と飯屋でも開いた方がいいよ。

下手なお辞儀も見飽きたよ。
頭の大きさが異常、顎の長さも異常。
足も短いし正常なとこがなにひとつない。
よくそんな風体で自信過剰になれるよね。
彼も発達障害か知的障害なのか。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です