小室佳代さん「眞子さんのせいで圭は不合格になった!」の逆恨みを週刊誌が暴露!嫁姑問題勃発へ


文・もっちゃん

小室夫妻は仲良しなのか?

昨年10月に小室圭さんと結婚し、現在NYで生活している秋篠宮家の長女・眞子さん。最近では、小室圭さんと仲良く手を繋いで歩いている姿なども報じられています。

小室圭さんと眞子さんが結婚する以前には、多くの国民から批判を浴びつつも、お2人は常に固い絆で結ばれており、また眞子さんと、小室圭さんの母親・佳代さんとの関係も非常に良好であると報じられていました。

「女性セブン」(2022年2月17・24日号)は、小室圭さんとの結婚前から、眞子さんが佳代さんと頻繁に連絡を取り合っていたことや、NY移住後にも、連絡を取り続けていたことを報じています。

「眞子さんは、義母・佳代さんと変わらずテレビ電話で連絡を取り合っているようです。佳代さんは自宅からほとんど外出せず、“潜伏生活”を送っていますが、海の向こうからの連絡を、日々の励みとして過ごしているようです」(宮内庁関係者)

「女性セブン」(2022年2月17・24日号)

眞子さんは、公の場で佳代さんについて何か語ったことはないのですが、一方で、佳代さんは、「週刊文春WOMAN」(2021年 夏号)のインタビュー記事にて、眞子さんの印象に関して次のように語っています。

お相手の方はとても立派な方で。曲がったことや嘘はお嫌いで真実のみを信じて、ご自身の意見もしっかり持っていらっしゃる。僭越ながら同じ女性として尊敬……大尊敬しています。

 うちの息子にはもったいないくらいです。以前、お会いした時には、『私は完璧な母ではないです』『ちゃんと息子を育てあげていないので』と、不安な気持ちを正直にお伝えしたんですが、それでも受け入れてくださって。こんなに長きにわたってお相手の方が息子のことを信じて、愛してくださっていることに、私は本当に感謝の言葉しか申しあげられません……

「週刊文春WOMAN」(2021年 夏号)

今後、家庭崩壊となる可能性も

このように、一見、皆が固い絆で結ばれた理想の家族のようにも思えるのですが、一方で、精神科医の片田珠美氏は、結婚後には、家族の絆にも綻びが生じる可能性が高いとして、次のように指摘しています。



ゴールインした後の新婚生活にも大きな懸念が。

「小室さんは“モラハラ夫”になる可能性が大いにあります。家庭内のモラハラは、加害者は自己愛が強く、被害者は罪悪感を抱きやすいという組み合わせのときに起こりやすい。『マニピュレーター』の小室さんと、“君が悪い”と言われたら鵜呑みにしてしまうような優しい性格の眞子さまは、モラハラ家庭の典型的なパターンだと推測されます」

 眞子さまが“言いなり”の状態から脱する方法はあるのだろうか……。

「催眠術にかかっている人は、周囲の人に何を言われようとも目が覚めないのと同様で、なかなか解けません。眞子さまの場合“惚れこみ”から抜け出すには、経済的困窮や、嫁姑関係などで苦労されて“痛い目”にあわれる必要があるでしょう。

 小室さんは、母の欲望を自分の欲望のようにみなす“母子密着”の状態にあるため、結婚後に嫁姑問題として顕在化する可能性があります。そのような厳しい状況になって初めて、眞子さまは目をお覚ましになるのではないでしょうか」

「週刊女性」(2021年5月11・18日号)

結婚前から、危ういバランスの上に成り立っているのではないか?とも指摘されていた眞子さんと佳代さんの関係性ですが、すでに、お二人の間の関係の綻びは顕在化しつつあるようです。

文字通り八方塞がりというわけである。加えて、私生活でも“軋み”が生じかねないと指摘するのは、東京家族ラボを主催する家族問題コンサルタントの池内ひろ美氏である。

「お二人は、周囲からのバッシングがあればあるほど絆が深まる稀有な夫婦であり、今回、再び試験に落ちたことでいっそう関係は強まると思います。ただ、注意すべきは小室さんの母・佳代さんです。彼女にとって圭さんが弁護士資格を取得するのは人生の“あがり”の一つ。それが叶わないのは息子が原因とは考えず“眞子さんのせいで勉強時間が削られたから”と責任転嫁すらしかねません」

もっとも、そうした不満を表に出すことはなく、

「子どもをつくるという大きな目的があるため、今まで以上に息子に協力するよう、眞子さんに促すはずです。小室さん母子は、“悪いのは周囲で自分たちは正しい”という意識が特に強く、眞子さんには、“圭の成功こそがあなたの成功につながる”“一緒に(バッシングする)メディアを見返そう”という風に鼓舞するのではないでしょうか。佳代さんの熱量に触れ、眞子さんはますます小室家のコントロールを受けることでしょう」

家族の歯車は、どこで狂ってしまったのだろうか。

「週刊新潮」(2022年4月28日号)

圭さんの司法試験を巡り大喧嘩に

この記事では、佳代さんが眞子さんに不満を直接ぶつけることはない、としていますが、実際には、やはり、「眞子さんが悪い」という佳代さんの本心は、言葉の端々に表れてしまっているようです。

「これまで、仲良くビデオ通話で連絡を取り合っていたお2人ですが、小室圭さんの2度目の司法試験不合格により、そうした状況にも変化がおきつつあるようですね。

眞子さんが2度連続で試験に不合格となった小室圭さんに不満を持つのは当然ですが、一方で、佳代さんは、眞子さんのせいで圭さんが不合格となったと考えていますから、お二人の会話の話題が、この試験の話になると、常に口論になってしまうようです。

また、ある時など、眞子さんが、冗談半分で、“何年も他人のお金で留学したのに、2度も試験に不合格になるなんて、圭さんは本当は頭が悪いんじゃないか?”などと口にしてしまったことがあるようなのですが、その際には、佳代さんは烈火のごとく怒り出し、“あんたがしっかりと圭の面倒を見ていないから、試験に落ちたんでしょうが!”などと絶叫し、そのまま非常に激しい口論となってしまったそうです。

最近でも、小室圭さんと眞子さんが一緒に手を繋いで歩いている姿などが報じられていますが、実際には、大変関係が悪化しているところを、悟られないように、無理に仲良し姿をアピールしているのかもしれないですね」(皇室ジャーナリスト)

皆さんは、眞子さんの力で圭さんを留学させ就職させることが出来たにも関わらず、このように大声で罵倒してしまう佳代さんについて、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。



10 COMMENTS

匿名

話題がつきない、下手なドラマより面白いかも。
最終回は、K代、KM負債、鯰一族、お皿、全員破滅を期待!

106
返信する
一般人の感覚

小室圭が2回連続不合格になったのが眞子さんのせいという前に、そもそも息子がアメリカに行く羽目になった原因は誰なのか?

元々小室母と元婚約者の間で借金問題が発覚したのが事の発端で、熱りが冷めるまで結婚を延期してアメリカに雲隠れしたのが原因です。

借金問題が暴露されなければ、小室圭はアメリカに行く必要はなく奥野法律事務所のパラリーガルのまま眞子さんと結婚していましたよ。

それに小室圭が2回連続で不合格になったのは単に実力不足と、元々本気で弁護士を目指しているわけではないからです。

眞子さんを擁護するわけではありませんが、元婚約指者への借金も肩代わりしてくれた恩人に息子の不甲斐無さの責任転嫁するとは・・・

恩を仇で返すこの母子には呆れ果てます。

82
返信する
匿名

自分たちの失敗を周囲の人たちや環境のせいにするなんて…

自分たちが蒔いた種は、自分たちで刈り取るという言葉を彼らに伝えたいです。失敗の責任は、自分たちで取るということも同様です。

72
返信する


匿名

お互いが蒔き合った種が原因で自滅していく痛快なプロセスが始まったようだ。
賤民卑娘の勘違い、寺乞食でカルト信者娘の強欲。
これに両陛下への不敬、謀反心が火に油を注ぎ、美智子からの口止め要請を糧として、恐喝人生への親子道場がそこにはある。
こうした疑似親子関係は、金の切れ目が縁の切れ目となるのでお楽しみ。
美智子の闇会計がバレ始めてきたので、自壊は早い。

62
返信する
匿名

要するに、カヨママにすれば、眞子丼がやたらとエッチをもとめるので、圭が勉強する時間も精力も奪われて、不合格になったといいたいわけね。
高校生の息子に彼女ができて、エッチも開始したところ、やみつきになって放課後も一緒に来ては、ずっとエッチばかりしていて成績が下がったと怒る感覚。

だから資格試験類は、結婚前に終わらせておかないと、結婚してからではつらいというのに、結婚は強行し、眞子孕ませ作戦もやっているようでは、二兎を同時に負う展開なのでうまくいくはずがありません。

43
返信する

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です