小室圭さん、同僚からの度重なる“無能いじり”に激怒!「俺は、いつでも年収2千万の仕事に転職できる!」の反論で、さらなる嘲笑買う


文・もっちゃん

小室圭さんの重要業務

今月4月15日に、2度目の司法試験不合格が発覚し、5月に日本に一時帰国するとの噂も流れている小室圭さんですが、「女性セブン」(2022年5月12・19日号)は、そんな小室圭さんの勤務先であるサンドラー法律事務所での重要業務について報じています。

ラブラブな様子の小室さん夫婦だが、ふたりを取り巻く状況は不安定だ。先述の通り、小室さんはニューヨーク州の司法試験に2度目の不合格となった。勤務先の弁護士事務所を解雇される可能性もささやかれたが、不合格判明後も小室さんは出勤。ただ、平日は毎日出勤しているわけではないようで、オフィスに足を運ぶのは週3日ほどのようだ。

 早朝からあくせく働くわけではなく、自宅を出るのは午前10時頃。髪形は後ろで束ね、ワイヤレスイヤホンを耳につけている。時折口元を動かしたり、笑みを浮かべているように見えるのは、歌を口ずさんでいるのか、それともイヤホンを通して誰かと通話しているのか。

「司法試験に落ちたため、小室さんは法務助手としての勤務を継続しています。資料まとめといった弁護士の業務の補佐のほか、コピーや郵便物の受け取りなど、雑事をこなしているそうです」(法曹関係者)

なかでも、“司法浪人”である小室さんの重要な業務がある。事務所関係者が明かす。

「仕事が遅くまでかかることもあるからね。そんなときは、彼がフードデリバリーに連絡して、夕食を手配してくれるんだよ。受け取りも行ってくれてね。これくらいなら、試験をパスできなかった彼でもノープロブレムだろう。そういえば、仕事中もいつもイヤホンをしてるね。一体何を聴いているんだろうね」

「女性セブン」(2022年5月12・19日号)

週3日勤務で、雑用係、重要業務は、配達弁当の受け取りということで、もはや完全に事実上の戦力外通告状態となっている小室圭さんですが、年収は600万円程度とのこと、中には、特別待遇で、事務員の立場でありながら、年収2000万円程度の報酬を得ていると報じるメディアもあります。

まさに、「THE・無能」といった感じの小室圭さんですが、なぜ、サンドラー法律事務所は、雑用しかできない上に、2度も司法試験に不合格となっている小室圭さんを雇用し続けているのでしょうか?

小室圭さんは何故解雇されないのか?

この点に関しては、どうやら主に二つの理由があるようです。一つは、元皇族である眞子さんの配偶者である小室圭さんを広告塔としてアピールすること。「週刊文春」(2022年5月5日/12日 ゴールデンウィーク特大号)は、次のように報じています。

今の勤務先であるLSでも、二度にわたる不合格で圭さんの立場が危うくなっている気配は、全く見られない。(中略)

 二度の不合格でもクビどころか、LSメンバーからのサポートを受けているように見える。“キーマン”は、行き帰りを共にした男性弁護士だという。

「米国最大の独立系太陽光発電会社の売却で代理人を務めるなど、やり手の弁護士です。実はフォーダム大ロースクール出身で、圭さんの先輩にあたる。LSには彼だけではなく、フォーダム大卒の弁護士が多いのです」(前出・LS関係者)

「週刊文春」(2022年5月5日/12日 ゴールデンウィーク特大号)

このように、「文春」の記事では、サンドラー法律事務所は、「眞子さんの配偶者である小室圭さんを事務所の広告塔にしようとしている!」などと報じているのですが、実際にはそのような過度な期待は全く抱いていないようです。

「ハッキリ言って、小室圭さんが事務所の広告塔になるなどと考えているノー天気な社員はサンドラー法律事務所には一人もいないと思いますよ。“小室圭さんを事務所の広告塔に!”などという意見は、あくまで真の目的を隠す表向きの方便に過ぎません。



実際の目的は、日本政府からの支援のようですね。以前から、“月刊テーミス”は、政府は小室圭さんと眞子さんの生活をサポートするための極秘チームを結成したと報じていますが、どうやら、サンドラー法律事務所はこの極秘チームと定期的に会合を行い、小室圭さんを雇用し続ける代わりに、有利な条件で、日本政府からの仕事を受注しているようです。

小室圭さん自身は、司法試験に2度も不合格となり、雑用仕事ばかり押し付けられていることからも分かるように、全くの無能ではあるのですが、小室圭さんを雇い続けることで日本政府から、継続的に有利な条件で仕事を発注してもらえるということで、実質的に極めて優秀で日本政府とも強力なコネクションを持つ営業マンを雇っているのと同様の効力が得られるようです。

おまけに、書類のコピーや郵便物の受け取り、さらには宅配弁当の受け取りまでやってくれるようですから、サンドラー法律事務所としては、雇い続けることのメリットの方が遥かに大きいようですね」(皇室ジャーナリスト)

度重なる侮辱に小室圭さん激怒

とはいえ、このように、皇室特権だけを頼りに職場に居座る小室圭さんを内心快く思わない同僚なども少なくないようです。

「女性セブンの取材に応じた小室圭さんの同僚の一人などは、小室圭さんの最重要業務は夕食のデリバリーサービスの手配だ、とした上で、“このくらいの業務なら、司法試験に2度落ちたケイでも問題なくこなせるからね”と完全に小室圭さんをバカにするような発言をしていました。

どうやら、職場でも、こうした侮辱は繰り返し行われているようで、小室圭さんも我慢の限界が来ているようですね。

ある時など、同期で入社したNY州弁護士の資格を持つ同僚に、2度目の試験不合格となった後に、“やあ、ケイなんでここにいるんだい?もうクビになったと聞いてたけど”などと侮辱的なジョークを投げつけられ、激怒し、“俺は、いつでも年収2千万円の職場に転職できるんだ”などと絶叫したそうです。

どうやら、職場では、小室圭さんは無能なくせにプライドだけがやたらと高い、という評価が定着していたようで、このように絶叫する小室圭さんを見て、“そんなこと出来るわけないだろ”とでも言いたげな様子でクスクスと笑い出す同僚も多かったようです」(前出の皇室ジャーナリスト)



無能な上に、トラブルばかり起こしている小室圭さん。皆さんは、果たして、小室圭さんが現在の職場で今後も長く働き続けることができると思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

18 COMMENTS

匿名

「“やあ、ケイなんでここにいるんだい?もうクビになったと聞いてたけど”」

いかにもCSI・NYあたりの台詞に出てきそうなアメリカンジョークですが、ケイも負けずとジョークで応戦できないようでは、英語力そのものに難ありといわれるのも宜なるかなですね。
プレイボーイなのだから、その辺は発達しているとおもったのですが、この記事で、ジョークのセンスもない、いよいよ使い物にならない男だとわかりました。

つまるところ、同僚弁護士たちは全員、この司法試験浪人生をからかうことで、自分のサラリーの一部を日本国政府から得る報酬で賄う構造になっているわけで、ケイは格好のカモにされているわけです。

これに耐えられないなら、さっさと日本国政府の裏援助など断って、帰国し、昔なじみの洋食屋の皿洗いでもやって夫婦で自活すればよろしいのです。

140
1
返信する
一般人の感覚

合格した同期にイジられて激怒とは大人げない!

しかし、今年7月の3回目の試験も不合格となると更に侮辱的な事がありますよ!

というのも、次の試験からはロースクールの後輩も受け始めるので小室圭の不合格が続けば後輩にドンドン追い抜かれてしまい、事務所では後輩のパシリになる可能性があります。

新人弁護士A『あれ?ケイ先輩じゃないですかぁ〜同じ事務所なんて奇遇ですね。ヨロシクお願いします。』

小室圭『あっ!あ〜ヨロシクお願いします』

新人弁護士A『ヤダな〜ケイ先輩!後輩の僕に敬語はやめてくださいよ~』

小室圭『そ、そうか!でも、一応職場だから・・・』

新人弁護士A『あっ!そうだ!今日は僕仕事が夜までかかりそうなんですよ。夕食とかどうしてます?今、コロナで営業自粛しているから店が遅くでやってなくて…』

小室圭『そ、それならデリバリーがありますよ』

新人弁護士A『デリバリーがあるんですか?それは助かります!誰に頼べば良いんですか?』

小室圭『あ!そ、それは僕の方で・・・』

新人弁護士A『え?先輩が一緒に頼んでくれるんですか?いやいや!先輩にそんな事はさせられませんよぉ〜!』

ベテラン弁護士B『おい!どうした?早く仕事にかかれ!遊んでいる暇は無いんだぞ!』

新人弁護士A『スミマセン!あの〜フードデリバリーの発注が分からなくて・・・』

ベテラン弁護士B『ん?フードデリバリーの発注なら、そいつの仕事だ!』と小室圭を指さす。

そして新人弁護士Aが顔をむけると、そこには・・・

新人弁護士A『えっ!?ケ、ケイ先輩?』

ベテラン弁護士B『そいつは弁護士じゃないぞ!』

新人弁護士A『えっ!?ケイ先輩は合格してないんスか?』

小室圭『あ、あ〜!だから、今後もよろしく、お、ね、が、い、し、ま、す』

新人弁護士A『・・・』

なんてやり取りが将来的にあるかもしれません!後輩のパシリなんて、プライドの高い男に務まるのでしょうか?

86
2
返信する
匿名

マコとうまくいっていないんだな・・。

職場でクールでいられない人って、大抵家庭がうまくいっていないものだよ。

夫婦の不和
→食事の質の低下
→体調不良、情緒不安定
→さらに夫婦喧嘩

マコムロ夫婦は傍目はともかく、ただいま地獄の日々なのは間違いない。
自業自得。

86
返信する
匿名

人工内耳をインプラントされたテイノウくんの発育と知能が思わしくなくて、お卵子さまだったM子に仔を産まさせると自分の仔もああなるのかと思えば、そりゃ夜の生活も不活発になってしまいがちね。

萎える姿を前にM子からは「また浮気してきたんだろ」とハイヒールで頭を叩かれ、司法試験も受験資格そのものがないのであれば、”受験しました詐欺”をこの先いつまで続けられるかもわからないし、事務所では同僚からの侮蔑視線と棘のあるジョークに心も体もボロボロにされる。

いまや”日本一のヒモ男”となったチビアゴ君だけに、うっかり通りも歩けない。
秋篠宮家不幸の法則に自身も巻き込まれ、暴露本で憂さ晴らしもできないように固められて、劣等感だけを醸成させられる生き地獄も、すべては自業自得と世間は誰も同情などしてくれず、ああなっちゃおしまいねの反面教師にされる日々です。

77
返信する


匿名

言われてしかりを激怒で返すとは、なんとも小さい器すらない輩だねぇ。
2000万円稼げる人は、既にその能力を開花させてますよ。
高学歴バカのクセに、タンカを切る人ほどたいした仕事は出来ません。
だから嘲笑われるのです。

91
返信する
匿名

ズルヒトも教師に暴言を吐き、同級生から白眼視されて、誰もお友達になってはくれない孤立した高校生活をスタートしましたが、その義理の兄貴で、反社の一族のチビ男殿も、NYで弁護士相手に強がりばかりを口にし、実際は嫁のヒモでしかない浪人生状態ですから、どっちも確かに似た者同士ですね。
そのせいか、ズルヒトも「コムニイ」と呼んで、ひどく懐いているそうですよ。同類相哀れむってやつでしょうか。

67
返信する
30歳までに築き上げたことって?

つらいね、傍からみれば明らかに馬鹿なのに、自分だけは頭いいと思っているって。

まわりも迷惑だろうな。

このKK御仁には「元皇族もどきの配偶者」として、名誉職か何かやってお手ふりしているのがお似合いだったんだ。その程度なら当面はできたんだよ。

しょせんケチな詐欺師なので、「お手ふり業務」にうまくありついていたとしても、そのうち地金があぶりだされただろうけど。

この数年間に、見ず知らずの人からも人格を見透かされ、まともな人からは決して相手にされないようになった。結局、Mkoを誘惑してから結婚までの10年間に、己の馬鹿さを世間にあまねく知れ渡らせたんだよ。

子供でも作って、それを利用して起死回生を狙うのかもしれないけど、そのころにはA宮家全部が皇室から追い出されているかもよ。
あんなことばかりしていて特権階級に残れると思っていたら大間違いだわさ。

77
返信する
匿名

>30歳までに築きあげたことって?さん

三菱東京UFJ銀行には3年、奥野法律事務所ではパラリーガル、フォーダム大ロースクールで再び学生、サンドラー法律事務所でもロークラークと小室圭のキャリアって、ほぼ雑用と学生ですよね。
この程度の能力で、今の様な生活が出来ている事自体ありえないのです。

43
返信する
匿名

A宮、ズルヒト、KK。この3人の嫌者の中で

1)生物学的なバカはズルヒト
2)ほんまもんのアホはアーヤ
3)この3人の中では、KKは超超ずる賢い

したがって、KKの一人勝ち~~

33
返信する
匿名

KK、仕事を大事にすることはもちろん、上司や先輩、同僚、後輩に対して気遣いをすることができないようですね。

また、戦力外通告されているのかと思いきや、そのことに対する危機感がないなんて・・・

以前、別の記事のコメントでも書きましたが、新人さんは、入社して最初の間は雑務が中心です。雑務も仕事のうちであることに関して、どの程度認識しているのかしら?同時に、「俺は、いつでも年収2000万の仕事に転職できる」と大口を叩くなんて、勘違いもいいところです。

私もいろんなところで仕事をしましたが、今のところでは、今まで学んだことだけでなく、新たに覚えることやることが増えた分、都度、ノートにメモしていつでも確認したり、過去に教わった案件でうろ覚えになっていることを、再度、メモしたノートを引っ張り出して調べるなど、自分なりに仕事を覚えています。みんな、そのようにして仕事を覚え、先へ進んでいるのに、KKは何だかなあ・・・

また、仕事の行き帰り、お昼休みの時だけだったらいいのですが、仕事中にワイヤレスイヤホンって・・上司や先輩から仕事の指示や注意を受ける際、社会人として、人としてのマナーに問題ありです。

42
1
返信する


愛子天皇は、国民の8割以上の総意です。

皇室問題で実際に抗議デモなど行っていた方が女性天皇目指す政治団体設立しました。夏の参議院議員選挙比例区で立候補予定してるそうです。
日本国民世論8割が男系女子の愛子天皇認めても、男系男子維持の名目で、何故かこの宮家への継承に固執続ける不思議な自民政府。過去8人もの女性天皇存在した。
早急に皇室典範改正必要です。
自民政府、秋篠宮家に皇統移ったら女性天皇認めるつもりなのだろうか?男子のみの継承などすぐに行き詰まるのは明らかなのに。
何故?日本国民世論8割もが継承を認める天皇にふさわしい方がすでにいらっしゃるのに。
選挙で民意示すべきです。

47
1
返信する
匿名

職場の優秀な弁護士達もさぞ迷惑でしょう。有名な新入社員は、育ちが良く品行方正な優秀な好青年を期待してたのに、お下品でブサイク、大嘘つきの劣等生、性格にも難ありの傲慢な勘違い野郎だったという。入社前からホームページで経歴詐称が晒されて何度も書き換え、記者会見で顔面大工事デビューして根拠不明のドヤ顔。二回も司法試験に落ちて日本やフォーダムだけでなく、会社の名に恥じる存在。なのに忖度に踏ん反り返ってデカい面、雇用主にも幻滅するだろうし嫌味も言いたくなると思う。

国内では、この人が日本人らしい礼節や常識を逸脱した異常な人物であることは周知の事実。職場の人は色々と目の当たりにして度肝を抜かれているでしょう。せめて海外でこれ以上の恥を晒すのはやめていただきたい。

27
返信する
匿名

完全に無能すぎて事務所の評判や信頼に関わる責任のある仕事は、この人には絶対に任せられない。そもそもこの人、レットイットビーかなんか知らないけど、致命的に向いていない。実力で勝負できず、嘘つき放題、インチキし放題。日本国民を勝手に見下しているかもしれないけど、KKなんかよりはるかに優秀な若手社員を山ほど見てきているよ。

18
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。