眞子さん「もう、圭くんは用済みね♪」メトロポリタン美術館就職後に離婚で小室圭さんは強制帰国?


文・もっちゃん

小室圭さんの情けない言い訳に批判殺到

今月4月15日に、秋篠宮家の長女・眞子さんと結婚した小室圭さんが、2月に受験した2度目の司法試験に不合格となったことが発覚しました。

果たして、事実であるかは分かりませんが、小室圭さんは、「合格まであと5点足りなかった」と語っており、すでに3度目の受験を目指すことを決めているようです。

とはいえ、この「あと5点」発言に関しては、「潔くない」「言い訳がましい」「そもそも本当か分からない」等様々に酷評されています。

5点足りなかったってのは何だかなぁ。。有名校の受験に失敗した子にそういうのが居るが、そんな時大抵の周りの反応は、「運よくギリギリ受かったとしても付いていけなかっただろうから、まあ縁がなかったと思って諦めろ」となる。

1回の合格率が8割とか5割、2回受けて合格する人は9割という試験だと、これに合格しても更なる厳しい競争が待っているということを意味する。つまり資格試験として、弁護士としての競争に参加しても良いですよ、という審査にすぎない。

試験はあくまで試験だが、敢えて限られた準備期間でヨーイドンで準備させるのは、その間にどれだけ頑張れて必要なレベルに到達できるか、という能力も見られている訳だ。

実際の弁護士の業務もそうだろう。裁判では言い訳は不可能。確実に目的のために頑張れる能力も試されるわけだ。

まあ今回の不合格は他の道を目指すのをお勧めします、という事実上の撤退勧告だろう。

次回の試験も再々度受ける言い訳として僅か5点足らないために惜しくも不合格になってしまったとでも理由付けしておかないと格好がつかないからなだけ。

実際には合格点と足らなかった5点の間に大きな壁があるということもあるし次回の試験問題によっては差が大きくなり不合格になるか逆に縮まって合格出来ることもあるというのは本人だけがわかってると思うけど。

合格に5点足りなくとも、10点足りなくとも不合格に変わりは無く、同情心を得ようとも貴方自身の努力が欠けていたから合格に至らなかったことが全てだと思います。

それでも3回目の試験に挑むと言っているが、より一層勉学に励む必要が有ると思いますが、3回目になるとさらに合格率が下がると聞くが、果たしてどうなるやら!

眞子さん就職なら離婚の可能性も

ともあれ、次回は7月となる3度目のNY州司法試験受験に挑む予定の小室圭さんですが、その前に、大変深刻な問題が横たわっているようです。

というのも、今月16日には「週刊女性PRIME」が、眞子さんが「ダメだったら別れる」と周囲の人々に漏らしていたことをスクープしたのですが、小室圭さんの2度目の司法試験不合格が発覚した現在、この「別れる」という選択が現実味を帯びてきているようなのですね。

「果たして、眞子さんが、どういった意味で、“ダメだったら”と言っていたのか分からないのですが、おそらく、その中に、“NY生活で、しっかりとした経済的基盤を作れなければ”といった意味が含まれていたことは確かでしょう。



ですが、2度目のNY州司法試験に不合格となったことで、小室圭さんは、現在勤務している法律事務所の仕事をクビになる可能性もありますから、すでに“ダメ”な状態に限りなく近いわけなのですね。

一方で、眞子さんは、すでにメトロポリタン美術館での活動を開始するなど、職を得るための準備を着々と進めているのです。

眞子さんは、結婚そのものよりも、むしろ結婚して、皇室を出て、海外に移住することが真の目的だった、などといった報道も一部でなされてるのですが、仮に、小室圭さんが、法律事務所をクビになり、眞子さんがメトロポリタン美術館などでしっかりとした安定した職を獲得できた場合、眞子さんとしては、それ以上、小室圭さんとの結婚生活を続けるメリットがないわけなのですね。

小室圭さんが法律事務所を解雇され、眞子さんが職を得た場合、小室圭さんは、眞子さんの配偶者として米国滞在を続けるのでしょうが、離婚された場合には、在留資格を失い強制帰国となる可能性もあります。

あれだけ、日本中を大騒ぎさせた小室圭さんと眞子さんの結婚ですが、その結婚生活は案外あっさりと終焉を迎えるという可能性もありそうですね」(皇室ジャーナリスト)

現在、メトロポリタン美術館でボランティアスタッフとして活動している眞子さんですが、「週刊女性PRIME」の記事によると、有給勤務に切り替える可能性も高いようです。

万が一、圭さんが事務所を“クビ”になるときが来ても、眞子さんが小室家を支える準備は万端のようである。

「眞子さんがNY州にある世界有数の規模を誇る『メトロポリタン美術館』で無給のボランティアとして勤務していると、イギリスのタブロイド紙などが報じたのです。眞子さんは日本で『インターメディアテク』という博物館で研究員として勤務していましたし、自身のキャリアを生かせる絶好の場所。日本画家の出展の仕事に取り組むキュレーターとして勤務しているそうですが、小室家の家計を助けるため、いずれは有給勤務に切り替えることも十分あり得ます」(同・在米ジャーナリスト)

「週刊女性PRIME」(2022年4月18日配信)

奥野法律事務所からの支援も打ち切りへ

現在、年収600万円程度の給料で事務員として法律事務所に勤務しているとされている小室圭さんですが、奥野法律事務所からの金銭的支援などもあり、なんとか物価の高いNYでの生活を過ごしているようです。

ですが、仮に、眞子さんと離婚ということになれば、奥野法律事務所からの支援も打ち切られ、米国の滞在資格も喪失し、無収入の無職として日本に帰国する可能性も高いようです。



「ここまで悪い意味で有名になってしまえば、日本でわざわざ小室圭さんを雇いたいと思う企業はほとんどないでしょう。

もちろん、元皇族である眞子さんの配偶者という立場であれば、皇族とのコネクションを作りたいと考える企業や個人が近づいていくようなこともあったでしょうが、眞子さんと別れてしまえば、小室圭さんは、口先ばかりが達者な、ただのダメ人間です。

一時は、皇室特権で甘い汁を吸ってセレブ生活などけしからん、などといった批判もされたのですが、眞子さんと離婚した場合には、かなり惨めな生活を送ることとなるのではないでしょうか」(前出の皇室ジャーナリスト)

「ダメだったら別れる」という眞子さんの言葉はかなり現実味を帯びてきているようですね。皆さんは、今後、小室圭さんと眞子さんは離婚することになると思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

27 COMMENTS

通りすがり

METで活動を始めたM子氏に対して「家事を完璧に出来ないこと」に腹を立てる…というのは???と思う。元々家事なんてしてないんじゃないでしょうか?
それとkkがモラハラ体質というのは頷けるけど、M子氏が優しい性格っていうのは全く同意出来ません。ものすごく気が強いと思います。

123
返信する
匿名

どこまで税金を勝手に使いまくるのか?そんな権利があるのか?誰が許可しているのか?親も子も出鱈目すぎて呆れ返る。政○もいい加減にやりたい放題させていては本当に皇室不要運動に発展していきますよ。国民はコロナで疲弊してるのに今の秋篠宮一家はあまりにも贅沢三昧。常識を逸脱している。

111
1
返信する
匿名

既に破断交渉時に15億円ふっかけてきて
971庁は7億円ならと言ったが、折り合い合わず結婚だからなw

20
返信する
匿名

記事を書く人もコメントする人もプロパガンダに振り回されているのではないかという意識も持つべきでは。
野次馬で暇人は振り回されるよ。

20
13
返信する


匿名

MET就職は男を追っかけて、という説もある。眞子は小室が優秀だと信じていたが、どうやらそうではないことがわかりつつあり、それで他の男に目が行ったとか。
ほんまかいなと思うけど、そう考えると納得できるところもある。無給でもいいとか。

56
返信する
匿名

いやいや、十分あり得る。
フォーダムから訴えられてもおかしくない小室君だから、離婚して切り捨てろと現地でアドバイスされたのかもね。
マコは白人に弱いらしい、ア●だから。
日本の皇室情報を直接聞けるチャンスに食らいつくナイスガイがいたら、たまったもんじゃなかろう、ウム。
・・・あらまあ、お姉ちゃんやるわね(カコの羨ましげな声が聞こえる様だ。お下品ですわ。)

52
返信する
匿名

もっちゃん、また日本語でコメ投稿できるようになりましたね。よかったです。

昨日、一昨日の英語のコメに、感動しました。言論弾圧の指示者も、まさか英語のコメがバンバン入ると思わなかったのでは。英文字なら投稿可能とわかり、私も日本語をローマ字にしてる最中でした。

ここのブログは、世界に発信できる人がたくさん来てます。

チーム秋篠さん、アメリカ人にバレないと思ってるなら、大間違い。ニューヨーク、ウィスコンシンにも、伝わりますよ。

60
返信する
匿名

日本語が戻ってきて、また痛快なコメントを自国語で読めるようになり、とても嬉しいです。(971庁からミサイルが飛んできたかと思いました)。
KKさん、落ちてくれてありがとう。離婚で路頭に迷うまで、もうしばらくいろいろ楽しませてください。
M子さん、アンタにそっくりな女、知ってます。この方の精神構造、私の人生経験では理解不能。つまり、M子さん、KKを切ったところで、アンタの株は上がりません。むしろ、今後もピエロの人生を続けて、人々を楽しませてほしい。

43
返信する
同じゲスレベル、令和枯れススキになってるよ

「M子さん、KKを切ったところで、アンタの株は上がりません。」

その通りです!

詐欺師母子が皇族と結びつけば、華麗にロイヤル風に変身、、、

ということは 決 し て 起 こ ら ず、

皇族が実はこの詐欺師母子と同じレベルだったことが判明したんだわ。

本人たちはゲスでも箔つければ国民の目をごまかせると思ってたんでしょうね。
お馬鹿さん。

20
返信する


日本語コメント万歳

A宮家に対して素朴な疑問です。
背景に童話、反射、隣国などの組織があると、ここまで好き勝手できるのですか?
日本とて独立国ですよ。
JKGの浪費も凄まじかったが、短期間(数年)で1兆円使うA宮家には負ける。
しかも用途が「服、装飾品」以外の掟やぶりばかり。
政治家の誰ひとりなんにも言えないとは、どんな勢力が動いているんだろう?

67
返信する
ジンジンジンジンジン

おーい、今週のFLASHになぜ人は不敬デマを信じるのかって記事出てるで?読んでこのクソブログ信じてる連中は反省しなされ。

40
返信する
匿名

まんざらデマでもないことばかりですけど、、
デマであって欲しいわ、マジで。

36
返信する
匿名

んだな。
小室が実はアホ説 は五年前にもう出ていた。
マコが主導説 も小室が海外行った頃、ネットにはもう出ていたよ。
デマ情報を出しているのはむしろ宮内庁、特に皿と秋篠の協賛者である。

というのがここに集う人の共通見解です。何十年と皇室情報に接しているという自負がある。

あなたは信じなくても嘲笑するのもいいですよ、それは自由です。
でも他所でやってね。

38
返信する
匿名

秋篠宮もこれから伊勢参りにでかけようかというときにまた不合格ニュースで、しかもキコ弟の再婚相手女の下着販売会に立ち寄るために、名古屋で休憩とは、警護関係者を振り回すのもいい加減にしろですよ。

本来は、新幹線、近鉄と乗り継ぐのが普通。
しかし、悠仁の不正入試、作文盗作、小室圭のだらしなさ、圭と眞子の不和・離婚危機、と醜聞が続けば、駅頭で帰れコールを浴びる可能性は非常に高い。
それが怖いからと全行程車で移動するというのも変。

要するに、文仁もキコもあまりに穢れていて、国民の前に姿を見せられない。なのに皇祖神にはご挨拶に行くという厚顔無恥が、大きな祟りの原因になりそう。

44
返信する
匿名

この一家は参拝が好きだよね。
行って帰るだけで、神様や故人の威光を嵩に着て大仕事した印象があるから。
伊勢神宮に天皇陵、アタマ空っぽでもできる参拝。
次女の逆さ玉串だの長男の早送り動画だの笑いポインツはあるけど。
しかし、参拝するだけでこんなに警備費かかるんだ~と改めて思いました。
今回は下着販売会のウワマエはねるのか、ふむふむ。

36
返信する
匿名

秋篠宮家は公私混同が平気。
というか、公私混同しないとたちまちその化けの皮が剥がれると思うからだろう。
それに障害児ぶりが表沙汰になり出すや、不正手段でツクフに押し込むことで、紀子は悠仁の障害者カミングアウトをまた三年、先送りしようとしてきた。
これにツクフの生徒や保護者が気づき、ネットで発信されないよう姑息な言論統制に走っているのが現在。

悠仁が障害児となれば、たちまち典範第3条発動で廃嫡への道が開ける。廃嫡にすることは、不名誉というより、人権上あるべき方法で、頭が悪く、難病を抱える子に、皇位継承という重荷を背負わせることは虐待だし、苦役になるからだ。しかもDNA鑑定すらしないままでは、「偽皇族」の汚名を雪ぐこともできない。

典範に基づく悠仁廃嫡手続は、皇室会議で審議されることになるが、当事者である文仁、紀子は典範の規定により参加できないので、皇族委員二人が賛成するのは間違いなく、そうすると他の委員も安心して廃嫡賛成に回れる。

38
返信する
匿名

紀子は、すでに宮家会議の総意で、今年年初に秋篠宮家全員の皇籍離脱勧告を宣告されていますからね。

紀子は、久子さまに対しなんと「久子でてこい、再教育してやる」と同和丸出しの暴言を吐きながら、高円宮邸のドアを足で蹴っ飛ばしていたし、皇室会議を開けば満場一致で文仁と悠仁の廃嫡は議決されます。

岸田首相が、自分の在任中に敬宮さまと旧皇族の縁談をまとめあげ、敬宮さまへの皇位継承へと制度を変える意思を固められたのも、こうした秋篠宮家討伐への道筋が見え、地盤が固まったからです。

38
返信する


匿名

小室は暴露本出せばいいだけかw
デブスもアホの空き巣の宮一家吹っ飛ばしてやればいいよw
そして離婚したれやw

25
返信する
匿名

>眞子さんが小室家を支える準備は万端のようである。

支えてるのは日本国民の間違いやろ。
無給ボランティアとはなんぞや?
あんなとこでよく生活出来てるね。
「一時金辞退」なんて茶番まで見せられたけど、貯金なんて一円も減ってないんじゃないか?
実際には、国民の税金が日本で回らずに、アメリカを潤わせてるだけやないかい。
おまけにKKの無能さが日本人の株まで下げやがって、疑惑だらけのあの一家、許せん。

11
返信する
匿名

眞子どん、気づくのがあまりにも遅すぎますね。
時すでに遅しということわざ、知らないのかしら?

KKとの将来設計を考えた時に、目に見えていましたよね?そして、その段階で、別れるということは選択肢になかったのでしょうね。

もし、「離婚」したら、〇野法律事務所からの支援打ち切りは、当然です。そして、それぞれ別々の道で、一から出直し、税金は1円たりとも使わないでくださいと言いたいです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。