悠仁さま卒業式と同日会見の愛子さまに紀子さま激怒!「天皇家は、秋篠宮家を恐れている」と妄想爆発


文・もっちゃん

国民と苦楽を共に

今月3月17日、悠仁さまのお茶の水女子大学附属中学校の卒業式ご出席の日と、同日に成年会見に望まれた天皇皇后両陛下の長女・愛子さま。

この日の会見では、記者からの質問に答え、成年皇族となられたことに関するお気持ちや、大学生活のご様子、さらには、ウクライナ情勢まで様々な事柄について語られた愛子さま。

そのしっかりとした受け答えや、気品に満ちた佇まいは、国内メディアのみならず、海外の新聞メディア等でも絶賛されました。

会見では、成年皇族として、「国民と苦楽を共にする」とも述べられました。現在、秋篠宮家が、眞子さんと小室圭さんのために莫大な資金を税金から支出しているという疑惑がかけられたり、悠仁さまの盗作問題などが話題となる中、こうした愛子さまのお言葉は強い印象を残しました。

私は幼い頃から、天皇皇后両陛下や上皇上皇后両陛下を始め、皇室の皆様が、国民に寄り添われる姿や、真摯に御公務に取り組まれるお姿を拝見しながら育ちました。そのような中で、上皇陛下が折に触れておっしゃっていて、天皇陛下にも受け継がれている、皇室は国民の幸福を常に願い、国民と苦楽を共にしながら務めを果たす、ということが基本であり、最も大切にすべき精神であると、私は認識しております

秋篠宮家とは対照的

国民を想い、国民に寄り添ってこられた天皇皇后両陛下と愛子さま。皇室特権により私益を貪る秋篠宮家とはまさに対称的であるように思えます。



「この日、愛子さまが会見にて、“国民と苦楽を共に”と述べられたのと同日に、中学校の卒業式に出席された悠仁さまは、皇室特権を利用したズル入学や、作文コンクールでの盗作問題などで批判を浴びておられます。

こうした評価というのは、まさに天皇ご一家と秋篠宮家の姿勢を象徴していると言って良いでしょう。一言で言うなら、天皇ご一家は“国民のために皇室が在る”と考えておられる一方で、秋篠宮家は、“皇室のために国民がある”という考えなのです。

要は、いまだに、皇室と国民の関係を、“皇室と、皇室に遣える臣民”という戦前のような感覚で考えておられるのです。

これは言い換えるなら、天皇皇后両陛下と愛子さまは、“国民に与える”ことを考え、秋篠宮ご一家は、“国民から奪う”ことを考えているのですね。このような両家のうち、どちらが真に国民から愛され、尊敬されているのかなど、わざわざ考えるまでもないでしょう」(皇室ジャーナリスト)

多くの国民から深く愛され尊敬されている愛子さま。今回の会見について報じられた記事が掲載されたニュースサイトのコメント欄には、次のような賞賛の意見が、数多く書き込まれています。

ホントに素晴らしいお人柄

国民と苦楽を共にするって事を小さい頃から親の背中をみて育ってそれをまだ20歳で意識して実践したい気持ちを国民に伝えて頂ける事に感動した

象徴天皇制を継続していくには男女なんて関係なく本気で国民と共に生きていく姿勢を持たれた方に即位していただきたく思う

秋篠宮家の様に自由を振りかざしてこれまでの伝統や国民の望む皇室の在り方にそぐわない方々に即位してほしくないと昨今の元内親王、親王の騒動と今回の愛子様のお言葉でこれまで以上に強く思った

一つ一つ言葉を大事に選んで語られる。

その言葉は変にアヤをつけたり取り繕うものでは無く、暖かく誠実なお人柄正直で全て優しさや気遣いに溢れてて素敵でした。

始終お話される時も自分の映りを気にするカメラ目線では無く、常に記者の方々に目を配られ一生懸命に語られる姿は緊張されても他者への思い遣り気配りが無意識でできる方なんだなと思いました。

国民の悲しみや苦難に寄り添い、慈しむ心が愛子さまの持って生まれたものと、今上天皇皇后陛下の愛情を受け御背中を見て育たれたからなのだと思います

テレビで会見を拝見し、心が温かくなるのを感じました。

私の観たテレビがたまたまかもしれませんが、ほんの一場面を切り取った感じだったので、もう少し長く観たかったです。

ご両親のお人柄がそのまま愛子さまに受け継がれたようで、いや、それ以上に魅力的に感じてしまうほど、とにかく惹きつけられるものがありました。

ありがとうございました。

紀子さま子飼いの言論人

このように、多くの国民から絶賛された愛子さまの成年会見ですが、中には、批判する人物もいるようです。たとえば、徳島文理大学教授の八幡和郎氏は、会見翌日に言論サイト「アゴラ」に寄稿した文書にて、次のように会見について酷評しています。

「愛子内親王殿下ご成年をお迎えになっての記者会見」が行われた。すでに書いたように、これは従来の慣例によれば、成年に先立ち半月ほど前に行うべきものであり、4か月も延期されたのは遺憾である。

また、昨日は、悠仁さまの卒業式の日であり、将来の天皇陛下の晴れの日にわざわざぶつけるというのも非常識だ。宮内庁の配慮のなさ、不手際を厳しく批判したい。

内容については、延期しても、じっくりと内容を精査したいというご希望だっただけに、よく練られたもので優等生的であるが、「穏やか」「無邪気」と自らいわれるお人柄がよく現れていた。その一方で、眞子様や佳子様のときに比べて、個性的な楽しさには欠けた。

「言論プラットフォーム アゴラ」(2022年3月18日配信)

果たして、何故、八幡氏は、ここまで会見を酷評しているのでしょうか?ある秋篠宮家関係者は次のように説明してくれました。

「八幡氏は、紀子さまお気に入りのいわゆる子飼いの言論人の一人です。おそらく、悠仁さまの卒業式ご出席のニュースが注目されなかった一方で、愛子さまの会見が絶賛されたことが気に入らなかった紀子さまが、八幡氏に連絡して、こうした酷評記事を書かせた、もしくは八幡氏がそうした紀子さまのお気持ちを忖度してこうした記事を書いたのでしょう。



“将来の天皇陛下の晴れの日にわざわざぶつけるというのも非常識”というのは、完全に紀子さま目線で書いていますよね。

実際、紀子さまは、会見の日程が決定した後には、“悠仁の卒業式に、会見をぶつけるなど信じられない!”“天皇家は、悠仁が注目され、愛子ちゃん以上に国民から評価されるのを恐れているのでしょう”などと仰られていました。

とはいえ、現在、悠仁さまよりも、愛子さまの方が圧倒的に国民から支持されているのは明らかですからね。日程も、悠仁さまの卒業式に注目が集まり、ズル入学の件が蒸し返されるのを防ぐために、宮内庁が卒業式と同日に調整したのです。

こうした事情を知っていることもあり、紀子さまのお言葉を周囲で聞いていた職員らは、心底、呆れ返っていましたよ」(秋篠宮家関係者)

皆さんは、愛子さまと悠仁さま、どちらのほうが愛され、尊敬されていると思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

21 COMMENTS

匿名

そんなこと、訊くまでもない、言うまでもないことです。
比較にもなりません。

54
返信する
匿名

流石は妃殿下、「国民の使命は、皇室に寄り添う事です」と、おっしゃられるだけの事はある。
もはや救いようがありませんね。

47
返信する
静岡バラック出身のキコへ

また新しい”キコの犬”が現れたのですね。馬鹿な人。

”将来の天皇”だなんて笑わせますね。
裏口入学の天皇、盗作の天皇、オツムも大したことないのに”優秀だ”と嘘ばかりついて見えを張る天皇・・・こんなのが”将来の天皇”だなんて

63
返信する
匿名

妄想もいい加減にしてキコ!

それより、怒ってるのは我々国民のほうです。

NHKは早速、17日の夜7時のニュースで待ちに待った成年会見された愛子様→要らないヒサのニュースをセットで報道していた。
天皇ご一家や他の宮家の方々を録画してる自分は、1秒たりとも秋篠宮家と前皇后の画像だけは撮りたくないのに、必ず天皇ご一家などに乗っかり邪魔をする。

NHKは令和元年、即位礼正殿の儀が行われた夜に「皇族減少」という話題をニュースの最後に差し挟み、いきなり当時結婚する予定の眞子や秋篠宮一家全員の画像を流し出した。

とても大切な記念日なのに、ニュースの最後に秋篠宮家ゴリ押しで、感動的な天皇皇后両陛下の晴れ舞台が一気に台無しにされ、怒りが収まらなかった。
以前から秋篠宮家と前皇后が牛耳っているNHKのやり方は本当に解せない。

ネット検索などしないお年寄りの方たちは夜のニュース報道をそのまま信じ込んでしまう危険。
日ごろから偏向報道が多いNHKは我々の受信料で成り立っているのを自覚してもらいたいです。

55
1
返信する
匿名

あ〇たのうちの都合で敬宮様の行事が悉く延びたのに、謝罪もお礼も言わないなんて、なんておばさんなの?
こっちは義務教育の卒業や無理やりねじ込んだ高校の説明会など見たくないんだ!
敬宮様の会見と天皇家皆様の笑顔だけ見ていたいのに、後ろで恐ろしいおぞましい笑った目を向けている鬼孤が所々に出て来て気分が悪い。他人事の様な安忌。
家族みんな嘘つき。ずる。
馬が成年の会見で東日本大震災時の時の大大大嘘を言っていたのを知って益々怒りが増してきた。スキー大会で5位だったんだってね。へえ。

41
返信する


白砂青松

お母様の雅子様は皇室に嫁がれてから様々なご苦労を経験しながらも不屈の精神で誠実と勤勉の歩みを積み重ねて来られましたよね。

その全てが愛子様と言う一人の素晴らしい女性の中に愛や平安や喜びと言った人が生きる上でなくてはならない実となって輝いているのが会見を通して伝わって来ました。

「国民の幸せを願い、国民と共に歩む」

と言う皇室本来の在り方を言葉にして宣言してくださった。その尊いお気持ちが本当に有り難く嬉しく思いました。

45
返信する
匿名

”地球はズルヒトのために回っている”
紀子はこういう考え方しかできない女だ。
両親とも部落解放同盟の実質的構成員で、父は研究面でコミット、母は同盟支部の電話番だったという関係といわれています。

世代を超え「被差別の損害賠償」を平民以上の市民に突きつける解同ファミリーの利権思考が、そのまま皇族になっても、自分より上の両陛下に対して、あらゆるツケを回そう、マウントしてやれ、となるのです。

この紀子独特の発想は、宮内庁では手に負えない筈です。お上品な名門育ちの方にはどうにもならない。
政治家も怖がって手が出せない。
早く精神科医から精神病としての診断を下させ、紀子を措置入院させるしか、皇室に平和な日を蘇らせる方法はないでしょう、

41
返信する
匿名

エッ? ズルオカマって、一般人と一緒にお受験なさったお方なのでは?? まあ、そうだよね、ズルオカマは一般人だからね。キーコさんもよく分かっているようですね。
愛子さまは、天皇家の血筋を受け継ぐ身として、皇族とはいかにあるべきか、ということをよくご理解されていますよ。

もう、愚息を愛子さまと対等以上に、なんて、A宮家に罰金8億円。

29
1
返信する
匿名

>冬篠宮イソ仁さん

右とか左とか別にどーでもいいでしょ?どっちが正義かは立ち位置で変わる!

世の中、巨人ファンもいれば阪神ファンもいる!

14
1
返信する
匿名

解放同盟宮妃を上げ申す男が右翼なはずがない。
川島父母は、セツルメント運動にもどっぷりだった。
セツルメントなんかに右翼は参画しない。

12
返信する
匿名

ここに来ている人の思想は別に一枚岩じゃない。
敬宮さまに皇位を継いで欲しいと思う共通点はあるが、そう思う理由は様々。
社会に根強く蔓延る男尊女卑をこの問題に見ている人、これまでの経緯から傍系官家への忌避感が強くて、対抗馬として今上御一家を推している人、近年、東宮時代の御一家の不遇が明らかになり憤っている人、いずれも該当すると思う人。

ところで、冬篠宮イソ仁氏は、傍系官家擁護派のブログにも顔を出されているのですか。
あちらも左右混在だと思いますが。
出自から応援しているなら左、男系を根拠に正統性を感じているなら右、といった具合に。
大まかですみませんが。

10
返信する


匿名

今までも今上天皇陛下は、貧困や教育、平和など日本のみならず世界の課題に関心を寄せられたたお言葉を発せられています。
それは、雅子皇后陛下や敬宮愛子内親王殿下にも引き継がれています。
これぞ皇室、皇族の在り方を言動で示されています。

23
返信する
匿名

秋篠宮家子飼いの傭兵言論人は複数いるようですが、どれもパッとしませんね。

13
返信する
匿名

「天皇家は、秋篠宮家を恐れている」
そりゃあ、怖いでしょうよ。国のお金をいつでも自由に、そしていくらでも!引き出せるのは、この一家位なもんでしょうから。いったいどんな権力を握っているのか、怖い、怖い。

12
返信する

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です