悠仁さま筑附受験の裏事情を文藝春秋が暴露!「前日の夜からリーク情報が報道各社を駆け巡った」


文・もっちゃん

文藝春秋が悠仁さま特集記事を掲載

来月4月から、国内でもトップクラスの偏差値を誇る難関校である筑波大学附属高校に通われる秋篠宮家の長男・悠仁さま。

悠仁さまの筑附進学に関して、「提携校進学制度」が創設された経緯をはじめとして、様々な不穏な噂がなされてきました。そうした中で、「文藝春秋」(4月号)は、「悠仁さま一五歳の憂鬱 超難関校進学には理由がある」と題する特集記事を掲載しています。

この10ページにわたる特集記事には、非常に興味深い内容も含まれていたので、今回から、複数回に渡って、記事内容の紹介や解説を行いたいと思います。

まず、こちらの記事では、最初に、悠仁さまの祖母に当たる上皇后・美智子さまと筑波大学附属高校との関係について紹介しています。

悠仁さまの筑附進学は運命の導き?

ちなみに、ネタバレ的に、こちらの記事の内容を紹介すると、最後に「まるで運命に導かれるかのように筑波大学附属高校に進学される悠仁さま」などと書かれていることからも分かるように、様々な理由を並べ立てて、かなり強引に「悠仁さまの筑附入学は運命だった」と結論付けています。

ですので、記事の冒頭に、美智子さまと筑附との関りが紹介されているのも、かなり無理やりなこじつけで、「悠仁さまは筑附と深い関わり合いがある」と主張するためのようです。



とはいえ、記事に書かれている内容を見ると、単に美智子さまの実家が筑附の近くにあったこと、父親を含めて親族に何人かが筑附出身であったというだけの話で、こんな話を持ち出して、「悠仁さまの筑附進学は運命の導き」などと言われても、一般の読者は「ぽかーん」といった感覚にしかなりません。

(美智子さまの)家のすぐ裏手には、文京区で二番目に開校した小日向台町小学校があり、そして近くには、現在とは位置が少し異なるが、東京高等師範学校附属(現筑波大学附属)小学校があった。

貞一郎には五男五女、計十人の子供がいた。長男、次男は小日向台町小に通ったが、美智子さまの父である三男英三郎は、高等師範学校附属小に入学。その後、附属中学、高校に進学した。さらに四男の順四郎、五男の篤五郎もまた、英三郎と同じく師範学校附属に通った。(中略)

ちなみに、美智子さまの弟である修(日清製粉グループ本社名誉会長相談役)もまた筑波大学附属(在学当時は東京教育大学附属)の出身だ。(中略)

皇族の学校といえば、昭和の時代には学習院と決まっていた。高校進学にあたり学習院への進学も取り沙汰された悠仁さまだが、祖父の係累をたどれば、筑波大学附属やお茶大附属とは浅からぬ縁があるのだ。

「文藝春秋」(4月号)

こちらの記事では、この他、悠仁さまの中学時代のご学友とのエピソードや、果たして、本当に悠仁さまが成績優秀であったのか?という問題の検証など興味深い事柄について書かれているのですが、このあたりの内容については、次回以降の動画で詳しく紹介したいと思います。

文藝春秋が秋篠宮家の受験情報リークを暴露

実は、今回、取り上げたいのは、筑附の入試日当日と、その前日のエピソードです。やはり、どうやら筑附の入試前日には、悠仁さまが試験を受けられるというリーク情報が報道各社に出回っていたようなのですね。

英三郎が師範学校附属を卒業してから約百年後の今年二月十三日。曾孫にあたる悠仁さまは、学力検査のため他の受験生にまざって自らの足で大塚の坂を上り、筑波大学附属高校の正門をくぐった。

「悠仁さま受験」の情報は、前日の夜から報道各社を駆け巡った。翌朝は雨が降りしきる中、受験生や保護者だけでなく数十人もの報道陣が、悠仁さまの姿を捉えるべく校門周辺に詰めかけた。送迎の車にも乗らず、側衛を付けることもなく、リュックを背負って一人会場に姿を見せた悠仁さまにマスコミは騒然となった。

(同前)

筑附の校舎へ向かわれる悠仁さまの姿が報じられた際に、ネット上では、「悠仁さまが一般入試を受けているように見せかけるためにマスコミに姿を撮らせたのだ」などと噂になりましたが、目的はともあれ、秋篠宮家から、報道各社に悠仁さま受験のリーク情報があったのは確かなようですね。

「小室圭さんの帰国や眞子さんの結婚に関する情報もそうでしたが、重要な情報を一部のマスコミにリークするというのは、秋篠宮家のお決まりのやり方です。

今回も、職員などを通して、報道各社に“悠仁さま筑附受験”の方法をリークされたのでしょう。おそらく、一般入試の試験会場に向かう姿を報道させることで、“提携校進学制度”ではなく、一般入試で、筑附に合格したと見せかけようとされたのでしょうね。

ですが、宮内庁からの合格発表当日に作文コンクールでの盗作問題が週刊誌によって報道され、“悠仁さまは優秀”と国民に思わせ続けることが困難になってしまったこともあり、急遽、止む無く“提携校進学制度”を利用して進学したことを公表することにしたのではないでしょうか。

試験会場近くでマスコミに写真や映像を撮らせることで、実際には、受けていない試験を受けているかのように見せかけるというのは、小室圭さんのやり方とそっくりですね。



小室圭さんは、あまり裕福とは言えない庶民の立場で眞子さんに取り入って様々な皇室特権を活用して成り上がっていったこと、そして、紀子さまも庶民の立場から皇室に入り込んでいったことから、以前は、ネット上で、“小室圭さんと紀子さまは似たもの同士だ”などと言われていました。

ですが、今の様子を見ると、悠仁さまこそ、小室圭さんにそっくりといった印象ですね。なりふり構わず、特権をフルに活用しているところや、結果として国民から大いに反感を買っているところまでそっくりです」(皇室ジャーナリスト)

結婚問題が拗らせたことをきっかけに秋篠宮家は大いに国民から反感を買うこととなりましたが、眞子さんが小室圭さんと結婚し、NYに移住したことで、この問題は沈静化するかと思われていました。

ですが、2月に行われたNY州司法試験をきっかけに、再度小室圭さんの問題にも注目が集まり、その上、悠仁さまの進学問題が炎上していますから、紀子さまにとっては「一難去ってまた一難」どころか「一難去らずにまた一難」といったところでしょうか。

皆さんは、秋篠宮家の受験情報リークについて、どう思いますか?また、悠仁さまと小室圭さんは似ていると感じますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

29 COMMENTS

匿名

火消し役を仰せつかったはずの文藝春秋。
ところが火消しどころか、再び不正入試問題にガソリンを注ぐ結果となってしまったようですね。

ここでも行われた「リーク」しか紀子には手がないことこそが一番注目されねばならない点です。
それはなぜなのか?

ずばり、違法行為だからです。
宮内庁が公式に前もってズルヒトの筑波受験を公表できないところに、後ろ暗さ(偽計業務妨害罪成立の裏口入試だから)があり、それでも記事にしてもらわないと、ますます裏口裏口といわれるために、宮内庁は反対なのに、これを押し切るしかなくなった紀子は、毎回おなじみのリークによって、「一社独占情報だから、こちらの要求どおりに報じろ」と恫喝するしかなくなったのです。

愛子さまについては、こんなリークなんて汚い手段は取る必要すらありませんよね。正々堂々、進学をお決めになられたのだから、各社一斉報道でいいのです。

なのにズルヒトは隠し事だらけの障害児なので、愛子さまのようには行かない。
そんなこそこそぶりこそが、最初からズルヒトには皇位を継ぐ資格がないと看做される所以なのですよ。

148
2
返信する
匿名

A宮家の浅はかな茶番劇はいらない。
違法行為だらけのA宮家を調査しろ、検察庁!。

129
返信する
匿名

KKとひぃめろの茶番劇の作者は、誰?
同じようなストーリーしか書けない、凡才の茶番劇作家さん、もう書くの辞めたら?

75
返信する
匿名

罰則付き報道規制では、悠仁への単独取材は遠慮させるが、取材機会は年四回適宜提供するとありました。

なのに、このたびの紀子のリークとは、全く報道各社を馬鹿にする協定破りな行為です。
都合のいいときだけ、マスコミに総動員をかけ、不都合な場合は、NHKやTBSを使って、リークで既成事実化を図ろうとする紀子の手口にはもううんざりです。

解放同盟宮妃には何を言っても通じないのでしょうけど、従来の皇室とマスコミの関係を軽んじて、芸能人のスキャンダルネタ同然に、まるで犬(マスコミ)に餌(悠仁の入試受験ネタ)を投げ与えるようなリーク作戦をしておきながら、追い詰められると「誹謗中傷はよせ、PTSDだ、法的措置を執るぞ」と恫喝する手法はもはや通じません。
自業自得です。
もうツクフでは相手にもされなくなるでしょうね。

125
返信する
匿名

ここまで出てきたいろいろな記事を読んで分かったこと。
衣装かぶりがもしも逆なら弟の妻は烈火のごとく怒り宮内庁に抗議すること。
自分がパクった場合はにこやかに恐ろしい顔で車の中からお手ふりすること。

後ろめたいことがあると、宮内庁に抗議させ、自分はにこやかに恐ろしい顔でお手ふりして口は「私は何も言ってません」と一文字なこと。

ああ、恐ろしいのひと言です。

108
返信する
匿名

かえって、マスコミを使って「一般受験を受けて合格した」と印象操作しようとした痕跡が、派手に残ってしまった。

99
返信する
匿名

キコの勇み足は、裏目に出る。

でもやめられない。
キコだから。
アホだから。

これからも、敬宮殿下よりも長男の方が優秀に見せかけるために、
浅知恵で次々と下手を打つ。

自滅コースなのに、
まだ何もしないほうがマシなのに、
せずにはいられないのがキコ。

78
返信する
匿名

「キーコの勇み足」

これ以降、悪巧みを誤魔化そうとするも軽薄で杜撰な計略のために失敗し、その痕跡を明白に残してしまうことを、「キーコの勇み足」と言うようになったのである。

55
返信する
野良猫

最近の文春は、秋家のご機嫌取り報道ばかりですね。
昨日の文春オンライン3部(友納尚子氏の過去記事再掲)も酷い内容でした。
今度は、10ページの特集❓️
見え見えの持ち上げと バレバレの弁解(後付けの隠蔽)ですか。

話は変わりますが、秋家当主のDVからのプチエンジェル事件の続きは まだでしょうか??
それと、皇室のお宝のヤフオク・メルカリ出品は❓️
「ふ○きの部屋」では、これらは天皇家がやったことだと 運営者が書き込んでいます。
創価学会のことのように、真相を究明していただきたいです。

79
返信する
匿名

雅子さまがヤフオクに皇室の財宝を出品したとワーワー騒いでたよね。
最初に読んだのは何年も前だが、馬鹿馬鹿しくて泣けたわ。
なんでヤフオクなんだよ。
ヤフオクは私のような貧しい庶民が利用するオークション。
日本の財宝を地元のやっすいヤフオクに出して、どーすんの。
クリスティやサザビーじゃないのか?私だって小遣い1億円あったらサザビーで欲しいものあるよ。
…てか、本気で書いてるんだよね。
アキシンって。

54
返信する
匿名

文春に記事書いてる友納尚子さんて、確か皇后様の……。
皇后様側に立ってると思ってた。

4
6
返信する


一般人の感覚

悠仁さまの筑波大学付属高校入学は運命の導き?

だとしたら随分、金(税金)と手間(提携校進学制度)のかかった運命ですね。

一般人の感覚としては『運命』というより『強引』に感じるんですけどね。

じゃあ今度は東京大学入学への運命の導きシナリオ作りをしなくてはなりませんね。

シナリオ作りで他人のコピペはダメですよ!

また捏造なバレちゃいますからね!

75
返信する
匿名

久子様が流暢なフランス語、英語でご活躍なさる映像を見て、心が踊りとても晴れ晴れとした気分になりました。
天皇皇后両陛下即位式の時に海外の要人との関係性を垣間見れて、日本人に生まれて良かった、と心から思いました。
皇室という存在はそうあってほしいです。
そのような存在であってほしいです。

79
返信する
占いの人

そうよね。
国の象徴を敬愛できないのは不幸だわ。
敬宮さま即位を願っているし、その願いはかなうと思ってます。
秋さんとこは絶対ムリ。
むしろ「ああはなりたくないものだ」の象徴。
私が残念だと思うのは、政府には自浄作用がなく、ある出来事によって敬宮さま即位が実現する近い将来。
日本は、鎌倉幕府成立と明治維新くらいしか革命的な事象が起きない国なんだけど、自浄作用ナシは情けないわ。

59
1
返信する
匿名

もっちゃんさんへ

> 重要な情報を一部のマスコミにリークするというのは、
秋篠宮家のお決まりのやり方です。

一応物書きを生業としているのならもう少しライターらしい言葉を使うよう努力してみませんか?「お決まりのやり方」では小学生の作文です。
日本語には「常套手段」という言葉がありますよね。これは一例としてあげただけですが。

毎回書かれた記事は拝見させて頂いてますが稚拙な言葉選びをされていると感じられる事があります。日本語には多くの措辞があり四字熟語や慣用句などもありますね。文を書く立場の人はひとつでも多くこのような言葉を蓄えて欲しいものです。気分を害されたかもしれませんが、もう少しの探究心を持って言葉選びをして頂けたらより良い記事となると思います。毎日楽しみにしておりますので、これからもがんばって下さい。

3
50
返信する
匿名

四文字熟語、慣用句…
ヤフコメなるものに足を突っ込み、はや数年。
日本語で打ちこまれたヤフコメ、読んだ感想を述べさせていただくと、慣用句など漢字たくさん使ったら、読む人が理解できないかもよ。

残念! 波田陽区

2
14
返信する
匿名

新潮や文春の編集部さんにお願いがあります(と、ここに書くと伝わると思う ヤギさん郵便屋さん)

悠坊の読売作文コンクール入賞「トンボと私」を是非公開してほしいんです。
良いヒントが何かあると思う。

57
返信する
匿名

文春も番犬になってしまいましたね。
新潮みたいに狂犬であり続けるのは難しいのでしょうか?

72
返信する
匿名

ぶんしゆん  社への発砲事件がありましたね。
お皿さま、日本国の言論の自由が危ないですね。

24
返信する
冬篠宮イソ仁

ここ数年の文春は、自民党の巨悪に対し、安倍晋三による言論統制、脅迫に屈せず、事実を報道してきた。日本国民の多くが自民党の悪事に寛容なため、あまり効果はないのだが、産経や夕刊フジなど御用メディアや、NHKのように脅しに屈したメディアばかりになっていないのは、文春や朝日毎日などのお陰だ。

だが、皇室に対しては完全に屈服しており、本記事でもよいしょばかりで、先日は小室圭が一切の援助を受けず独力で、苦労して海外留学から就職、高級マンションへ居住等を実現してきたという、虚言妄想癖のライターが書いた内容を恥ずかしげもなく報道していた。

これは酷い。

筑附に合格したのは嘘。受験してないのだから合格ではない。最初から優先入学が決まっており、形だけ検定を受けに行っただけ。宮内庁も一般受験ではないと認めざるを得なくなっている。

文春はこのまま腐っていくのだろうか?メディアの役割というのは実は非常に大きい。皇室とは、好き勝手に特権を振るい税金を私利私欲のために使いまくる存在であることが、ようやく認知され始めたのはメディアのおかげだ。

文春にはメディアの原点に立ち返って欲しい。

84
1
返信する


匿名

ヒサヒトは「合格」ではない。
タダの「合意」に過ぎない。

仕組まれた筑附の裏口入学は本当に許せない行為だ。

先月、TBSニュースで流されたヒサヒトの様子が滑稽だった。

あのインチキ受験を終えた後、車に乗り込む前にヒサヒトは1人でノソノソ歩き、SPの男が後ろから付いて来ていたが、急に後ろを振り向いた。
その顔に血の気は無く、追ってきたテレビカメラをジッと見つめるような虚ろな目をしていた。ヒサヒトはまるで人形のようで、しばらくこっちを見ていた。

その様子に自分は何故かゾーッとして、こんな15歳の子供に何も期待は出来ないし、将来の希望も持てないのを確信した。

紀子はやり過ぎた。

必ず天罰が来る。
今年中に天照大神が審判を下すだろう。

66
返信する
匿名

NHKのアナウンサーやプロデューサーを含め、
社員の半数以上が在日半島人ですからね。
アナウンサーなのに
???なんかちょっと発音おかしいみたいな人いますよね。
彼らは日本が破滅に向かう方向に全力を注いでますから
ズルヒトが天皇になるとあらゆる面で都合がいい。

30
返信する
匿名

>NHKのアナウンサーやプロデューサーを含め、
社員の半数以上が在日半島人ですからね。

(@[email protected])ビックリです。
NHKよ!お前もか。

番組がつまらなくなりましたよ。
土日は特に。
おかげさまで電気代が増えないから安心。

12
返信する
匿名

「特権をフルに活用しているところや、結果として国民から大いに反感を買っているところまでそっくりです」(皇室ジャーナリスト

紀子さんは学習院小学校時代に運転手やお手伝いさんが居る周囲の裕福な同級生の姿を見たときから、小室さんは国立附属小学校時代お父さんを亡くした時から「将来絶対特権階級になって特権を使いまくって周りに見せつけてやるんだ。」と固く決心していたんだと思う。

29
返信する
ご皇室は性善説

これまでの、秋篠宮家の悪行がここまでマンガのように横行するのは、「一部のファンにだけ支持されれば良い」という考えが、皇室の一部でも浸透してきたからではないかと考えるようになった。

自民党や日本会議との関係性を指摘するコメがここにもあるが、今の自民党政治、殊に安倍政権はまさに「お友達政治」であった。これも実は合理的な理由がある。
総じて国民の半数は選挙にすら行かない。投票率は平均して50%程度であることから分かる。その残り半分の半分の支持を集めれば良いので、国民の25%の支持があれば選挙に勝てるのだ。更に小選挙区比例代表並立制がこれに輪をかけている。コアなファンともなれば25%も要らない。そのコアなファンが有力者であり、彼らが経営する企業の従業員などの郎党がいる。そのコアなファンの最大級が一応は連立与党である公明党を通じた創価学会であり、創価学会員という郎党が盲従してくれる。
そこで、政権を握る自民党政治家は、コアなファンに対する優遇ばかりに注力するようになり、大衆の声を無視するようになる。コアなファンというのが安倍政権でいうところの「お友達」である。あとは、アホなネトウヨにネットで喚かせて念を押す程度であろう。

皇室は直接に政治活動ができないが、自民党の有力政治家の支持を受けてさえいれば、あとは自民党が勝利を重ねて政権を維持するだけで安泰である。国民全体に寄り添わなくても、国民のほんの一部に寄り添うだけで良いのだ。

この悠仁の不正入学、寄付金疑惑も、背景には彼らのコアなファン=お友達にさえ支持されていれば、小うるさい国民が大多数であろうがどうでも良いという思考がなせる業であろうかと思う。

要するに、政治を変えなければ、秋篠宮家を懲らしめることも、「健全なご皇室」を維持することもできないのである。だから、愛子さまのご即位を願う声がありながらも、それにも期待ができず、虚無感から皇室廃止論へ傾く動きも強くなっているのだ。これまでの左翼思想や特定の民族や宗教などによる陰謀論など語っても意味がない。表面に出ている事象だけで皇室が直面するであろう将来の危機がわかるものだ。

28
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。